VS-9030とVS-3040

今年のタックルボックスはメイホーの
バーサスVS9030にしました。


うつくしい。

中にはVS-3040というボックスが
4個入っています。

コレ、思ったより収納できます。


女医黒とか。

ジョインテッドクローとかゾーイの
幅広のルアーも入っちゃうのには驚き。

欠点はココでしょうか。


エコタックルじゃない箱。

取っ手の役割なのか、一番手前の
真ん中がオフセットしています。

その分、浅くなっていて収納が
少々し辛いのが難しいですね。

あとは真ん中の列が少々狭いので、
3インチクラスじゃないと厳しい。

その点はVS-3043ND
使いやすいですよね。

暫くはVS-9030で行きます。

Pocket

がまかつトレブル21とアノ方。

オフシーズンともなるとトリプルフックの
話やらちょいちょい出ますが・・・

私みたいに下からルアー投げてばかりの
人間がウンチク垂れても信用ゼロなので、
こんな話を少々。


昔からあるフック。
がまかつさんから発売されている
トレブル21というフック。

リマリック?スプロート??
良く分かりませんが。
基本、私はこのカタチが嫌いです。

何で買ったの?と申しますと、
1月にこのお店に伺った際に
言わずもがなアノ方に聞いたのです。

「どうしてこのフックがお好きなんですか?」と。

ピンと来ない方も多いかもしれませんが、
トリプルフックはコレを使ってる印象が
個人的には凄く強いんですよね。
(この話題で頷ける方ってコアなファンでしょう)

「良く使ってるね、確かに」と仰った後、
意外な回答が返ってきました。

「一番コレがキラキラ光らないから。」

あの、何か刺さりがどうこうとか、
カタチが・・・って訳じゃないんですか?
と聞いてみましたが、ソコじゃないと。

日本最高峰の舞台で創世記から
活躍し続ける氏の発言。

方やマッディレイクのサンデーアングラーで
タングステンシンカーはピカピカしてた
方が釣れる気がしてしまう34歳児。

どちらの発言に信憑性があるかは
言うまでもありません(笑)

確かにあのマット系の色ってのは
唯一無二ですよね。

そんな訳で食わず嫌いせずに買って
試そうと思った訳であります。

この話、信じるも信じないもアナタ次第です。

(※こういうネタ、勝手にコピペされそうだなぁ。。)

Pocket

巻き専用ベイトフィネスリール。

やっぱりココを攻めてくるかー、と
ナットクの新製品。


カルコンのBFS.

印旛だと福ちゃんがハァハァしちゃう、
そんなベイトリールでしょうか。
17カルカッタコンクエストBFS

一巻き68センチという設定も
さすがとしか言いようがありませんね。
ギア比は現状はコレのみ。

ボディサイズは100でしょうか?
スプールの径は32mm。

元々のカルコン50は30mm採用でしたが
そこら辺はどういう意図なんですかね。

リールって触っても巻き心地とか
パーミング感くらいしか分からないので。。
(スプールを指で弾いても何も分かりませんし。。)

ともあれ”巻きのベイトフィネス”は
特に冬~早春まで必携となりましたし、
必然的な発売と言えるのでは。

ダイワ派としては31mmスプールの
ピクシー系のベイトフィネスリールを
そろそろ出してほしいです。。

Pocket