超えてくれ。

昔からのリールばかり使ってます、私。
それでも比較的新しいアルファスネオも
かれこれ発売から6年が経過です。


いい加減、アルファスネオを上回る
リールが既製品で出て欲しいんですよ。

その人柱としてアルファスCTを導入です。
G1スプールで30mm径。

流石に上回ってくれている…はず。。。

 

 

Pocket

17タトゥーラ分解。

思いっきり水没させてしまい。。
とりあえずオーバーホールです。


ちょっとTD-Z105HLに似てますね。
水分飛ばしてグリスアップしました。

だいたいですけどね。。


見た目は20タトゥーラよりも
17タトゥーラの方が好きです。

でも使い勝手はやはり20タトゥーラに軍配ありです。

 

Pocket

4/0に悩む。

バックスライドで意外とご指名が
多いフックサイズではないかと。


TNSオフセットの4/0。
個人的にTNSオフセットはヘビダンで
#1は大好きで使ってます。

線径が絶妙ですよね。
細すぎず、太過ぎずが好きです。

で、先日散々バラしたインフィニ4/0の
代わりにTNSオフセット4/0です。
DY先輩もご指名ですが確かに見た目は良さげな感じです。


インフィニも3/0あたりから
結構ごっつくなりますよね。
そこにフックポイントが比較的
ラインアイから外向き気味にあるので
フッキングは大変になります。

その点、TNSはベンド部から
フックポイントにかけてが
キュッと内向きに曲げてあるので
ラインアイとポイントの差も少なく
フッキングは楽そう。

だらだら書いてますけど、
本当はがまかつ316Rが一軍なので
それで落ち着く気がします。。

Pocket

スミス・PEシザース

タックルボックスに忍ばせるハサミ。
やっぱりハサミはコレですね。


コスト面考えてもやはりコレです。
スミスさんのPEシザース。350円くらい。
(コスト度外視だとダイワのリガーシリーズらしいですby大将)

で、こんな事してみました。


PEラインの切れるハサミ、
そしてPEライン切れませんのハサミ。
どれくらい違う物か。
※それよりそのPEライン何とかしろよ、と何人の読者様がニヤニヤしてツッコんでくれるのでしょうかw


まず先日買ったベリーシザース小。
PE切れるとは謳ってませんが、
2~3回チョキチョキすれば切れます。
でも御覧の通り切れ端が広がり解けた感じに。

一方、スミスさんのPEシザース。


PEライン切れますと謳ってます。
そして1回でパツッと切れます。
更にはこの切れ口が素晴らしい。
全く解けたりしておりません。

ハサミの開閉も軽快です。

強いて難点を挙げるとすれば
グレーのプラスチックの取っ手が
2年くらいで割れるくらいでしょうか。

値段が値段なので毎年交換してあげれば
良いかと思いますけれども。。

 

 

Pocket

ベリーシザース小

ハサミは結論が出てますが、
ちょっとお試し買い。


タックルベリーさんから出ている
オリジナルのハサミ、ベリーシザース。
小さいやつが気になりまして。

安すぎますね。


値段が値段なので文句言うと
怒られてしまいそうですが。。
固い!思ったより開閉が固いです。

あとはPEには基本対応してません。

なのでワームを小さく切るとか
そういった細かい作業用にはよさげです。

Pocket