コーモラン チャターブレード29mm

さりげなく欲しかったけど見つからず。
で、遂に発見したコチラ。

チャターベイト用のブレード。
コーモランから出ています。
サイズが21mm、25mm、そして29mm。

買ったのは29mmです。
というのはですね・・・


ジャッカルさんのブレイクブレードWS(右)

印旛沼だとちょっと弱すぎるなぁと。
早巻き向けなのは分かっています。
上流系のクリアな所でも正直、
沼ではもうちょっと強さが欲しい。

なので交換しちゃいます。


ちなみにブレイクブレードのアームは
下側のワイヤーが2次側で外れます。


こんな具合になりました。

上、ブレイクブレード3/8oz。
下がブレイクブレードWSだったのを
通常のブレイクブレードに変身。
小さな声で言いますが純正ブレードはコーモラン製かと。1/4ozは25mm、3/8ozは29mmと思われます。でも1/2ozはもう一回り大きいんですよね。

そんな訳でブレードを変えてあげれば
普通のブレイクブレードに変身可能。
その逆でWSに変身も可能。

ゴールド、シルバー、ガンメタとあるので
ブレイクブレード好きな方はある意味、
様々な組み合わせで楽しめます。

あとは壊れたスピナーベイトのヘッドで
自作も楽しめますし。あると楽しめます。

もっと読む

Pocket

デコイ スプリットスナップSN-13

デコイさんは面白いアイディア商品を
出してくれてステキですよね。


スプリットスナップという商品。
スプリットリングとスナップが一体化。

何か色々使えそう!とバイト。
例えばこんな具合に。


ジカリグもといリーダーレスダウンショット。

リング部分にフックを取り付けて
スナップ部分にシンカーを引っかける。

この構造ならシンカーを小まめに交換OK。
イケてるかも!?と我ながら称賛。

でもリング部分が思ったより厚さがあり
フックにフレキシブル感がないのは
ちょっといただけません。。

しばらく通常のオープンスイベルと
併用してメリット、デメリットを見極めて
答えを出してみようと思います。

他にも何か使えそうですしね。

Pocket

7月上旬 印旛沼

水がないわ、平日だわで全く以て
参考にならないお話。。
お天気もボーボーの風だし。。


雨も降ってたりで朗さんには
「今日出ても意味ないだろ」と
コーヒーご馳走になりながら気付けば
もうこんな時間でした(笑)

水温は朝25.8℃、日中は28℃台に。

とにかく水ないので水があるところを転々と。
ところがどっこいノーバイト。。。
これだけアタリ無いって理解不能。

何が違うのかアレコレ試してるうちに
一発だけ出たのがこの子。


1500は余裕な魚体。
試合で釣れたら超ハッピーオーイェイイェイ(意味不明)

魚を引っ張り出したら
根掛かりしてた?ウキに絡まりドリフの音楽が
流れちゃう位に大騒ぎでした。。。

何となく分かったんじゃない?と
一生懸命やってみるも。。


チャプターなら喜ぶのですが。。。
NBCキーパー以上、NABキーパー未満。
こういうがたまに釣れる程度。
困った、困った・・・。

またアレコレ試してみるとドン。


キロくらい。うーん?

具もズレてるしやってる事もズレてるか?
最後にその確認をしに時間掛けて
あれこれやること2時間ほど無で。


ポロっとキロくらいで終了。
単なる夕方のお駄賃な感が否めず。

全部バラバラ、全部シックリ来ず。

水無いんだからもう少し優しい所で
釣れてくれそうでしたが。
バラバラで良く分からない一日でした。

で、219cmだった水位は2日後の雨で
アッサリ平水位の250cmになりましたとさ。

チャンチャン(泣)

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン20lb
ルアー:ラッシュクロー5gテキサス、チェリーリグ
偏光サングラス:アルファ―サイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket