エヴォルテックバッテリーの充電時間。

充電が早い早いと言われますが…
正直、私の使ってるエヴォルテック(赤)
E-12750はそこまでではないです。


こんな風に充電し始めて…


ENDになるまで大体3~4時間。
使用時間にもよるかと思いますが、
思いのほか掛かります。

ちなみにエヴォルテック(緑)の
EV-12150はすっごく早いです。
どんなに使ってても30分~1時間掛からない。

参考までに。。。

 

 

Pocket

kumimoku 折り畳みバッグ 大

以前ご紹介したこのシリーズのバッグ
非常にゴキゲンであります。

で、このシリーズのバッグには大があります。


https://www.cainz.com/shop/g/g4549509410270/

このバッグ、実はO野氏も使ってまして。
コレが2個入るんですよね。


ただ、小バッグに入れた状態だと果たして
入るのかなとかなり怪しかったのですが、
御覧の通り入りました。

これまたエクスタシーを感じる程の
ピッタリフィットちゃんです。


バッテリーを運び終えた後は
このようにライブウェル内部を
ストレージ代わりに使えるように。

バッグの内側はターポリンぽいので
防水性にも優れ湿りがちなライブウェルでも無問題。

で、釣りが終わったらまた片付けの際に
この中にバッテリー入れて運ぶ。

くらしにららら、カインズです。

Pocket

鉛バッテリー、復活!

実は先日、エヴォルテックのバッテリーが
BMS作動しシャットダウン。
中身を確認して貰ったところどうやら
「電池を使い過ぎてる」という見解。

そんな訳で容量が足りてないのでは?
とメーカーさんからご指摘があり。

この度、いつものボイジャー復活です。


エンジンのセル等については鉛、
魚探用でリチウムという使い分けに。

これでしばらく様子見ます。

そんな訳で重たい24.3kgは
やっぱりカラダに堪えます。。。

 

Pocket

2月下旬 印旛沼

恐ろしいくらいに暖かい日が続く2020。
それもそのはず。


朝9時半の時点で10℃超え。
この日は10名以上出船されており
完全に出遅れてしまいましたが、
この水温なら近場で何とかなるのでは?
と本湖をちょいちょいチェック。

すると。


ラジコンの救出依頼が入りました。
何とも高級そうですよね。デカいし。

この後もルアー引っかかったのを
オカッパリの方から救出依頼で
声掛けられたり色々やっていたら。


いきなり魚探が真っ暗に。
画像の通り後ろの魚探も電源OFF。
セルモーターやトリムも動かず。
バッテリーが止まりました。。

そんな訳で約2時間程で強制終了でした。

Pocket

ガーミン魚探をアップデートしたらスリープモードが追加に。

だからどうした、と言われると
グウの音も出ないのですが(笑)

アップデートして変わった点として
すぐに分かったのがコレ。


電源切ろうとすると
こんな画面になります。

要するにパソコンと同じで、
一時的に消灯したいならば
スリープする事も可能になりました。
バッテリーの消耗を減らせる訳です。

但しですよ。

バッテリーが現在はエヴォテックの
リチウムバッテリーEV-12150なので
エコマッププラス95svを2台とも
1日つけっぱなしでも何ら問題がないんです。
(※ライブウェル回して魚探2台つけっぱで試合出てもバッテリー残量は7割以上あります)

・・・つまり私は電源切りたい、
スリープさせる事なんてないんだし
手間が一個増えやがった、と
ちょっとゴキゲン斜めになったのは秘密。。

ちなみにガーミンの魚探は来年、
エコマップUHDという新しいモデルが。
※参考:ハーツマリンさんのブログ

最近出たガーミン版メガサイドイメージの
振動子GT54UHDが付けられるんです。
お値段9インチで振動子込195000円+税。

私の使ってるエコマッププラスは
振動子込みで179000円+税、
そして今なら4万円するヘディングセンサーのオマケ付き。

メガについてはハミンには及ばないけど
それに近いサイドイメージ映像を見れて
その他ダウン、2D、クイックドロー、GPSと
一通りの機能が備わっていて税抜き20万切っていると。。

何とも贅沢な時代になってきました。

最後に余談ですけどエコマップUHDは
メガイメージ画像が見れるようになり
確かに魅力的ですけど・・・

問題は魚探本体の解像度が
800×400ドットなのでそれって
どうなんですか?だったらエコマップウルトラが
10インチで解像度も高くていいんじゃね?
ってちょっと疑問を
言いつつ本当は
UHD端子使えて良いなぁと
羨ましさいっぱいだったりもします(笑)

Pocket