なぜかダイワのドリンカー。

世代的には上の筈ですが。。


出てきてしまったのはしょうがない。
ダイワのドリンカーというルアー。
どう泳ぐのかすらサッパリ覚えてません。。


でもこのテールのカコカコ具合と
1個しか入ってないっぽいのに
妙に響き渡るラトル音があの頃を
思い出させてくれました(笑)

遊びゴコロ満点ですが。
今の時代で釣るのはまぁ大変でしょうね・・・。

 

 

Pocket

ガーミン魚探の水温表示の問題点。

小数点第2位まで水温表示されるガーミンの魚探。
これが実はかなり大問題があります(笑)

正確にはマイボートユーザーの方には
イロイロ困った事象がございます。
それでは実際の映像をご覧いただきましょう。

ボートをプレーンさせて、ポイントに着きました。


エレキを下してフロントの魚探を見ると
水温計は13.65℃と出ています。

そして振り返ってコンソール側、
リアの魚探を見てみましょう。


リアの魚探は15.90℃と出ています。
その差2℃以上です。

これはフロント側の魚探用振動子が
エレキのヘッドに取り付けられてるが故
走行中に冷たい外気に触れていたため
低く水温が最初は表示される訳です。

リアの魚探用振動子はトランサムのため
常に水の中なのである程度正確な
水温が表示されている次第です。
※水温はスタート時に同じ水温になるよう補正してあります

これはどの会社でもあるあるですよね。
問題はここからです。

さて、フロントの魚探がリアの魚探と
同じ水温になるまでどれくらいの
時間が果たして掛かるのでしょうか?

これがですね。。


何と10分ちょい掛かってます(苦笑)
は?と思った読者様は正常です。

これ、要するに小数点第2位までが
表示されてしまう事のデメリットです。

見ていれば分かるのですが、
フロントの魚探の水温が画像1枚目の
通り13.65℃からスタートして、

13.66℃・・・

13.67℃・・・・

13.68℃・・・・・

13.69℃・・・・・・

と言った具合に0.01℃ずつ、
非常にのんびりと上がって行くのです(笑)
そりゃ10分掛かりますよね。
※ホンデックスだとグイグイと上がります。

これ、フロントにしか振動子を
付けてないマイボートユーザーは
プレーニングして移動した先々で
「うわ、今日水温低い!」
と、春ならば凹み夏ならば喜ぶと
いった無駄な気分の上げ下げが起きるかと思われます(笑)

なのでこの水温表示に関しては
ガーミンはちょっと何とかして頂きたいですね。

エレキのみのスタイルであれば
何ら問題はないと思いますが。

・・・参考までに。

Pocket

ガーミン魚探の水温計は小数点第2位まで表示される

ぎっくり腰で書きたいネタも忘れてました。
ガーミンネタを書きます。


そうです、ガーミンの面白いところ。
水温計が小数点第2位まで出ます。
これが色々面白いです(笑)

例えばちょっとしたクリーク。
そういう所に入ると小数点第2位が
ちょっとずつ変化していくんですよ。

春先なら奥に入る程上がっていきます。
なので何となく釣れそうな気に
なってしまう数字のマジック。

・・・ですがコレ、結果的には正直
かなりの問題点でもありまして。

詳細はまた明日。。

 

 

Pocket