RRのタグ。

懐かしくてコレはネタにしたい、
と思いまして。


ご存じの方は初期ロードランナーを
使ってらっしゃった方だと思います。

覚えてますか?

初期ロードランナーの竿袋に
この金属製のタグが付いてました。


で、後ろはこんな具合。
残念ながら竿袋は残ってないのですが。

RRの竿袋ってどんなのでしたっけ?
記憶が正しければ黒ベースの茶フチで
内側が赤色で魚のロゴで柄パンみたいに
派手だったような気がしますが。

正解を覚えてる方がいらっしゃったら
コッソリ教えてあげて下さい。

当時は630MHで釣りするのが幸せでした。
クリスタルS投げたり、エスケープ投げたり。
うーん、懐かしい。

Pocket

11月上旬 印旛沼

いよいよ朝の気温と昼間の気温が
10℃くらいある状態になってきました。


っても朝の時点で15℃台。
当日のお天気はこんな具合

案の定と言いますか、
水が中途半端に澄んでいる状態。
すっごいやりにくい。
朝6時半からスタートして3時間くらい「無」。。

ガマンして巻いていると
クランクがブルブルしなくなる。
あれ、と見ればキロ位のが一瞬ハムハムして
逃げて行きました・・・OTL

で、もうちょっと頑張るとやっとこさ。


やっとこさピッコロさんで600くらい。
でもこの後また続かない。

前回のナブはへこたれましたが、
とにかく練習なのでガマンして続ける。
昼くらいまで音沙汰ナシでお手上げ状態。

水温は17~18℃まで上昇。

御飯食べながらやってない事で
釣れそうなもの・・・といくつかの
ルアーをピックアップしてみる。
その中に何も変哲もないハイピッチャー。

不思議な事に色々閃いて。


1600オーバーが釣れる。
あれ、もしかしてこれって・・・?
と思ってたらkk氏から入電。

「今、青砥から帰ってきたから乗せたまえ」

仕方ないので迎えに行く。
そしてさっきの魚の釣れ方で
凄く気になった事に気を付けてみたら。


計ってみたら1800ちょいありました。
本当に些細な事なんですけど。
全部ナットク出来ました。

この後は後ろのお父さんを釣らせるべく
竿は持たずご案内致しましたが・・・

アリゲーターガーが釣りたいとか
意味わからない事ばかり言っていて
何も起きなかったのはナイショです・・・(笑)

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC-G62L(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスフィネス
ライン:フロロカーボン10lb
ルアー:ピッコロ

ロッド:ワイルドサイドWSC65M+(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:ハイピッチャー

偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket

ガーミンエコマッププラスのMSDカードスロットル。

今年から使ってるガーミン魚探。
エコマッププラス95SVですが、
こんな情報がありました。

大雨だとマイクロSDカードの
挿入口に水が入ってしまうそうです。
こういう所がちゃっちいんですよね、ガーミン。。

まずは自分の魚探がどうなってるかチェック。


今のところは大丈夫そう。
買った当初から感じてましたが、
蓋開く向きがそもそもアウトですよね(笑)

で、私も素直にテープを用意。


家にあった透明な屋外用の
補修テープとやらを用意。


これで大丈夫、なはず。
ガーミンはこういう所がちょいちょい
目につきますけどね。。

でも総じて良い魚探じゃないかな、と。

初めて買う魚探とか。
私みたいに前後ネットワークして
最低限の機能を揃えたいとか。
そういう方なら良いと思いますけどね。

今買い替えならクオッドサッドの
GPS機能付きヘディングセンサーが
オマケでついてくるキャンペーン中みたいですよ。

Pocket

晩秋の印旛沼、満喫。

祝日だったので印旛沼へ。


シーズンオフなのもあってか
人はまばらでした。

っていつもの先輩は居ましたけど。。

水位も高いし水温もまだ15~18℃。
NABの最終戦の反省会も含めて
一人で黙々と釣りして。
午前中全然釣れなくて白目。

・・・だったのですが。


怖いものであれよあれよと4kg。
釣れるように世界が広がりました。

試合で釣らなきゃ意味ないですが
自分がずっと気になってた事が
色々見えてきてハッピーオーイエイ。

晩秋のこういう魚、久しぶりに出会えました。

 

Pocket

虫捕りも終盤。

朝と昼間の気温差が激しいですね。
世間は3連休ですが私は2連休。

初日は実家でノンビリ。


バッタ探しに奔走中。
オンブバッタはいっぱい居ますが。
捕れるに越したことはないですね。

私も明日は印旛沼へ行ってきます。

Pocket