8月中旬 印旛沼

NAB21最終戦まであと1か月ほど。
そろそろ浮こうと重い腰を上げまして。


水温は本湖で朝26度ちょい。
日中は30℃になってました。。
当日のお天気はこんな具合
後半は南風が思ったよりあった一日でした。

プラでも何でもないので自分の今後、
役に立つような釣りを・・・と思い、
ヒシモ打ちに行ってみる。

テキサスリグを放って上を滑らせると
後ろから追っかけてくる!
ここぞ!という穴にフォールさせるとドン!!!


・・・OTL。
そうですよね、やっぱり貴方ですよね。。

気を取り直して同じような場所を撃つ。
すると同じような感じでバイトが。


をっ、今度はバスでした(笑)
1500くらいでしょうか。ご馳走様です。

水温も低いしこんなのも釣れないかな?と、
巻いたり浮気をしていると2時間バイト無し。。

そこまで魚は元気ないのかな?と撃つと
ポツポツと釣れる。



ノンキー、1400くらい?、600×2つ。
サイズがちょっとバラつくのは秋っぽい?
良く分かりませんが・・・

風も強くなり始めた昼過ぎ。

お昼食べてる時にふと気になった所へ移動。
風に流されながら雑にやっているとグイグイと。


長い魚だな~と思ったので久しぶりに
「ジャッジメントターイム!」へ。※from特捜戦隊デカレンジャー
朗スケールチャレンジした所、50.5cmでした。
※相変わらず「口閉じ尾開き」と超厳正なる計測でしたw
「尾っぽを閉じるのはさ、だめなんだよ。どれどれ・・・」とか言いながら尾を綺麗に開かせて計るドSっぷりは健在。。
朗スケール並びに朗ジャッジメント、恐るべし・・・。

重さは2キロには欠ける位でボチボチ。


たまには筆者近影。若奥様、いつ連絡くれるんですか。

そんな訳で5キロ近く釣れましたが。
試合で釣ったら偉いんですけどね。。。

朗さんに言われた通り55センチ超える
魚以外は同伴遠慮しておこうかと思います・・・。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72H(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン20lb
ルアー:EGダブルモーション3.6+7gテキサスリグ
偏光サングラス:アルファ―サイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

 

Pocket

試合開始2分で試合終了。

お盆恒例?のDY氏とオカッパリ対決。
過去に例のない早期決着と相成りました。。。

開始2分で後ろから声が。

「みやがわ~、勝ったわ。」


何なのコノ人。。

50はないでしょうけど、1600~1700クラス。
どう考えたってこんなの超える魚釣るのは
無理でしょう、印旛新川でこの時期に。。。
ドライブシュリンプのネコリグはマネしよう♪

で、11時30分には安定の焼き肉屋へ。。。


ゴキゲンの先輩から暖かい一言が。

『タダで喰える肉って旨いよね。』

コテンパンにされて帰宅となりました。。
何にも釣れないし・・・。

DY先輩、お疲れ様でした。

もっと読む

Pocket

7月下旬 印旛沼―千葉チャプター第4戦―

この天気・・・ちょっと暑すぎです。。


朝の時点でもう31℃オーバー。。
当日のお天気はこんな具合。

さすがに危険な暑さなので今回は
帰着を30分早めて12時半に。


風、ほぼ無し。シーン・・・。
そして絶賛減水中で227cm(通常水位-23cm)
どうするんだコレと悩みつつ、
とりあえずシェードを撃ちに。

すると開始5分ほどで300g。
ををっ、このサイズでも嬉しい。
やはり多少水があるところか?
と各所転々とするもこの後は全く。

なーんにも起きませんでした。。。

検量が正直、衝撃的でした。
かなり釣れている試合だったのです。
しかも良い魚がポロポロと。

水温34℃が当たり前のチャプターエリア。
でも要所要所で良いサイズが出る。
検量しながら感心してしまいました。

まだまだ勉強足りませんね。
強烈な暑さの中、参加者の皆様本当にお疲れ様でした。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72M(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:ラッシュクロー5gテキサスリグ
偏光:アルファ―サイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket