悩みのタネ、カバーネコリグ用フック。

あれもこれも買って試して。
結局コレになってしまうのでしょうか。


何度も戦力外通告しながらも
結局キミなのか?とNSSフックを再購入。

色々買ってますよ、ハイ。
以下、小文字にしておきます。

コレは軸が細すぎるので曲がる。
正直、カバーの中ではシンドイ。

コレは掛かりは凄く良いのですが、
自社ワーム以外だと綺麗にセット出来ない。。

コレは比較的キレイにセット出来るけど
針がが横向いちゃってる時点でNG。。


NSSフックが結局無難なのかなぁと。
リグった時の美しさはもちろん、
可動部がしっかり取れている点。

問題はフッキングに難アリ。
デカいのは掛かるので良いのですが、
小さい魚を掛けた時の不安感が否めず。

ただ、タックルはもうMHクラスまで
上げなきゃダメなのは間違いないですね。

プロデュースされた川村さんのように
オカッパリで足元が安定していて、
足元に落として真上にフッキングが
可能な環境ならばMクラスでも大丈夫でしょうけど。

テーパーもどちらかと言えば
ファーストよりもレギュラー寄りで
ややスイープに合わせて竿全体を
曲げながらジワリと針掛かりさせる。
(※ファーストテーパーの竿だと余計にスッポ抜ける気がする)

偉そうな事をツラツラと書きましたが
先日デコって白目向いていますので
良い針が合ったら教えて下さい。。。

 

Pocket

6月下旬 印旛沼

何でも強烈に釣れてないとの噂。
6月入ると例年良くないですけどね。


水温は朝の時点で22.5℃。
日中は26℃になっていました。


当日のお天気はこんな具合
午前中は予報とは異なりローライト。

これは大チャンス!とハァハァして
本湖からチェックしに行くと、
着水と同時にガマがドン!と揺れるメガトンバイト!!


ですよねー。。
揺れた瞬間、もうそんな気がしました。

そのままローライトを味方に本湖を見るも
何も起きないので、展開を思い切り変える。


御覧の通り綺麗にショアの木や
草が刈り取られていました・・・
※半分ムシ探ししてたのは秘密。。

結局、上流も橋3本目から先は工事で
オイルフェンス張られていて遡上出来ず。

3時くらいから新川見てみるも無。

完全試合達成、でした・・・OTL
釣れないのは私だけで翌日のアサヒナさんの大会で、
いつもの先輩が3尾4160gだそうです(白目)

Pocket

土砂降りの印旛沼

まぁ良く降ってましたね。
水位も一気に上がってました。


朝5時で253cmだったのがあの雨で
13時には268cmと15cmアップ。
夕方には277cmですって・・・。

こんな状況でも釣る人は釣ります。
アサヒナさんの大会が開催されて
いつもの先輩が4キロ超え…OTL

口が裂けても私は前日ゼロだったとは言えません・・・

 

 

 

Pocket

完全試合達成。

手も足も出ませんでした…OTL


思い切り展開を変えるべく、
こんな所まで足を運びましたが。。

ムシがいっぱい居た木も切られ、
凄い景色になってました。。

なお高崎は工事している所で
オイルフェンスが張られており
それ以上は進めませんのでご注意をば。

印旛沼、仕上がってました。。

Pocket

トノサマガエル?ダルマガエル??

カエル、あんまり得意じゃないです。
ウェッピングで釣れた日にゃもう正直、
泣きそうになるレベルです。


先日、オカッパリ中に居た子。
バスからしたら食べ頃サイズです。
コレ見てRVラッシュアワーにした位。

ところでコレ、何カエルでしょうか?
トノサマガエルかなと思ったら、
凄く良く似たダルマガエルという種類も。

斑点が繋がっていないので、
もしかしたらダルマガエルかも?

でも四肢が長いからトノサマガエル??

専門家に聞いたら分かるのでしょうけど、
バスからしたら「食べごろサイズです!」
と一撃で食べるでしょうからあまり
深く考えないでおきます。。。

Pocket