今日までお仕事。

明日からGWです。
・・・何します?(笑)

とりあえず息子の頭の中はコレ。


これとスーパーファミコンしたいと。
お家時間を楽しむには良いですが、
ずっと家にいるのもアレなので…

上手く外へ休憩時間を作ったりしたいと思います。

 

Pocket

釣り具整理中。

世間の皆さん、お片付けが捗りますよね。
私も例外になく捗ってます(笑)


しかし、以前買ったこのルアー、
どこかに置いたはずなのに居ません。。

どこにやったのやら。
とりあえず同じ色が1個あるので
困りはしないのですけれども。

車の中も片付けしますかね。

Pocket

陸王2019シーズンバトル02夏・秋編。

こんな時なのでDVDのお話も。


毎度面白いこのDVD。
もし今までこのシリーズをご覧に
なったことがない方は今の状況を
キッカケに1本見て欲しいです。

今年は既に春編も出ており、
更には数日前に決勝も発売になりました。

可能ならば御覧頂きたいです。
なぜ今、岸釣りが支持されるのか。
このDVDの存在が理由だと思います。


今回も内容はかなり良かったです。
若手がグイグイ来ているのを感じました。

でも個人的には年代の近い
川村光大郎さんには頑張って
貰いたいなぁと勝手に応援してしまいます。

一日歩き回る、走り回るあの
根性は本当に凄いと思います…。

38歳児にはそろそろ無理があります、オカッパリが。。。

もっと読む

Pocket

レジットデザインワイルドサイドWSC611MH-5インプレッション

5ピースロッドなんて思い起こせば
25年以上振り?リョービのレグノライト以来ですよ

レジットデザインさんから昨年リリースの
マルチピースロッドのご紹介を。


ワイルドサイドWSC611MH-5。
メーカーさんの紹介文はこんな具合。


https://legitdesign.co.jp/products/wild-side-multi-piece

去年から導入したインプレを
私なりに綴ってみます。


最大の特徴はこの”ベンドカーブ”かと。
5ピースと聞いてしまうと多くの人は
曲がりが良くない、と敬遠しがちかと。

そこはやはりレジットデザインさんの
ロッドでした。画像の通り美しいベンドカーブ。
美しいベンドカーブが描かれるロッドって1pcsでも実は早々ないです。

そこから生み出されるトルク、
更にはアラミドレインフォースメントも
相まってもう魚を獲る、という面で
不安要素は全くナシ。

1500gオーバーも余裕でゴボウ抜き。
(※本当は強い負荷が掛かる魚抜くなどの動作は止めた方が良いと思います)
5本繋ぎと侮るなかれ。


使いどころも関東マッディシャロ―な
フィールドにおいてはど真ん中。

5g~10gテキサスリグやリーダーレスDSに
バルキーワームを合わせたカバー撃ちは
完璧にこなします。テーパーは素直な
7:3調子のファーストテーパー。


上・WSC610L+ 下・WSC611MH-5

ガイドも曲がりを意識しているためか
WSC72Mに乗っている大き目のガイドで
個人的には凄く好きです。


上・WSC611MH-5 下・WSC610L+
1pcの610シリーズより
1インチグリップが伸びていて
ワタシ好みのグリップ長でSo Good。

他には3/8~1/2ozスピナーベイトや
6インチクラスのシャッドテール、
スイムベイト系なども気持ちよく投げれます。

良いトコばかり書いていても何なので、
マルチピース唯一の欠点をお伝えします。
重量面はやはりワンピースには敵いません。

数値面でも30g弱違っておりますが、
やはり持ち重り感はあります。


それでも凄いのがこういう所。
仕舞寸法は何と48センチ。

こんな風に車に積むもヨシ。
私みたいに仕事道具に紛らわせて
こっそり積むもヨシ(笑)

レジットデザインさんのこういう
バスフィッシングを一層楽しむ事を
提案してくれる姿勢、ステキだと思います。

Pocket

スーパーストⅡ満喫。

7歳児もストⅡがだいぶ上手に。
コマンド入力方法をこんな風に教えてくれます。


笑っちゃいますよね(笑)
彼なりに色々考えています。

ゲームをやらせたくないのも
釣り人としては本音ですが。

時間を決めて、ルールを守って
程良い距離感で付き合えれば、
とキレイごとを言ってみますが。

ナカナカ難しいのも事実。

ゲームより楽しいモノ、
夢中になれるモノに彼がそのうち
出会えればいいなと思います。

Pocket