ガーミンライブスコープGLS10ブラックボックスをアップデート

仕事でクタクタでありましたが、
いつもの先輩が夜、近所までいらしてまして。


私の持っていないライブスコープの
アップデートをしてくれ、と。
やり方も良く分からなかったのですが
無事に完了しました。

エコマップウルトラ本体は既に先日、
ver.16.10の最新データにアップデート済。

ブラックボックスは最新じゃないから
更新してくれ、と言われたので「???」状態。
本体は最新、ブラックボックスだけ更新したい、
そんな事出来るのか?って思いますよね。

噂通り通常の魚探のアップデートとやり方は変わらず。
あっさり出来ちゃいました。


https://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=4749

それもそのはず。
エコマップ系魚探のアップデートファイルに
ブラックボックスGLS10の更新情報も
含まれているんですね。

なのでエコマップウルトラにGLS10を繋ぎ、
更に今回はLVS32振動子も繋いだ状態で
アップデートファイルの入ったMSDを
ウルトラ本体に入れてあげました。
(※LVS32振動子繋がなくてもGLS10だけ繋いでアップデート出来るのかは次回要確認)

すると画面が切り替わり一番下の
「ソフトウェア更新」をタップすると
時間掛かりますよ?と聞かれて
「はい」ってお返事すれば
GLS10だけ更新が始まりました。

魚探は最新だから更新されず、
ブラックボックスだけ更新してくれる。
ガーミンはこういう所、素晴らしいですよね。

これで暫くはライブスコープで楽しく遊んで
いてくれるかな、と思われます。

「ブログのネタにしても良いよ」と
いつものお言葉を残されてお帰りになられました。

 

Pocket

ガーミン魚探のスリープモードと振動子の関係。

今さらな話なのですが。。
ガーミン魚探をアップデートして
追加された「スリープモード」は偉いな、と。

先に申し上げますと私の魚探システムはこんな具合。

【フロント】
ガーミンエコマッププラス95SV
振動子:GT22(2D、クリアビュー)
【リア】
ガーミンエコマッププラス95SV
振動子:GT8(2Dのみ)
GT30(サイドビュー、クリアビュー)

※前後魚探をイーサネットケーブルにて接続。


デバイススリープ、と言う機能です。
使いどころがやっと理解出来ました。


GT30と繋がっているリアの魚探。
これがサイドビュー機能が使える
振動子と繋がっているのです。
で、イーサネットケーブルで繋ぎ
前後の魚探が振動子を共有出来てます。

バッテリー勿体無いから…と
リアの魚探の電源を落とすと結果、
フロントではサイドビュー機能が使えない訳です。

これをデバイスをオフではなくて、
「デバイススリープ」にします。
そしてフロントの魚探を見ると…


GT30振動子を認識しています。
スリープ機能、偉い!と。
こうやってスリープ機能使うのね、と。

ちなみにツイッターで見たのですが
(※ごめんなさい、ソース分からないです。調べた方、天才です)
魚探ディスプレイのバックライトの
消費電流って結構激しいんですって。
調べてた方がいました。

記憶が正しければ私と同じ魚探で
ディスプレイの消費電流が
100%の照度だと12Vで0.7Ah、
対して0%(要するにスリープ状態)だと12Vで0.25Ah。

メーカー公称値でエコマッププラス95SVは
消費電力が1時間あたり1.5Ahですから
画面をスリープしてしまえば
ほぼ振動子の電流だけになるので
前後両方の魚探つけっぱなしより
かなりバッテリーへの負担を抑えられます。

ただ、ライブスコープ振動子は
こうはいかないでしょうけど…
(※ライブスコープは公称値1.4~5Ah!?)

ガーミンの偉い所をまた一つ、勉強しました。

 

Pocket

ガーミン魚探エコマッププラスが干渉。

エレキ買い替えしたらですね。
まさかの症状が現れました。


2D映像にバカボンのパパのおでこの
ような線がずーっと入ってます。。

正直、魚探の干渉って無縁でしたが。
まさかエレキ買い替えで直面するとは。

ちなみにテキトー振動子ガードが
犯人かと思って外しましたが症状変わらず。。

次に行くまでに対策を要検討中です。
嗚呼、面倒くさい。。

Pocket

等深線データをガーミンクイックドローコミュニティで貰う。

ガーミンのエライところでもある
全国各地フィールドの等深線データを
ユーザー同士で共有出来る仕組みです。

沼では私、要らないのですが。。
入れておいて欲しいとの依頼があり
クイックドローコミュニティから実際に
ダウンロードしてみました。

①クイックドローコミュニティにアクセス

会員登録してページにアクセスします。
メールアドレスがあれば登録できます。


https://connect.garmin.com/start/quickdraw/

②自分の欲しいフィールドのデータを落とす。

日本地図のページから自分の欲しい
フィールドを見つけてデータを貰います。


グーグルマップと同じなので
欲しいフィールドを探してあげて、
「等高線を検索」をクリック。


赤い所が等深線データが公開されてる
場所となっております。
「ダウンロードする範囲を選択」を
クリックしてあげます。


するとこんな風に自分の欲しい範囲を
選択出来ますので、印旛沼をだいたいで
囲ってあげて「ダウンロードを開始」を
クリックしましょう。


PCのダウンロードファイルに入りました。
これをお手持ちのマイクロSDカードに
コピーしてあげましょう。

③マイクロSDカードを魚探に挿し、起動。

MSDを挿してから魚探の電源ON。
立ち上げると自動的に画面が
「quickdrawcontoursのコンテンツをインストールしています」
に変わります。


更新してるんだか何だか正直、
良く分からない状態なので試しに
「レビュー」をタップしますと。


おっ、20%とかやってる感が
レビュー出来ました(笑)
そのまま放っておきますと・・・


画面がこんな具合になり終了。
実際に地図を確認してみると。


こんな風にどなた様かが共有した
等深線データが魚探に入りました。
本湖はあまり入ってませんが…(笑)

メジャーフィールドならば全域が
クイックドロー掛けてあり等深線が
入っているので便利ですよね。

私が霞ヶ浦に行きたい、とか。
桧原湖に行きたい、亀山湖に行きたい。
普段行かないフィールドに行く際に
データをコミュニティから頂けば
等深線が最初から把握出来る次第。

こういう所はガーミンの偉い所です。

Pocket

ガーミン魚探エコーマップUHD93SVをアップデート。

ガーミンの魚探は定期的にソフトウェアの
更新がアナウンスされるので自分で
アップデートしてあげられます。
※自己責任での作業です、何かあっても知りません。

【用意するもの】
・魚探本体
・電源ケーブル
・マイクロSDカード(MSD)
・パソコン

①PCでMSDにアップデートファイルを落とす

ガーミンのホームページに行き、
自分の持ってる魚探のバージョンを
確認して新しいデータであれば貰う。

https://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=4749

意外と重たいファイルなのでパソコンに
ダウンロードする時間が結構かかります。

②落としたデータをPCで解凍し、MSDに移す。

解凍する前に必ずMSDはPCにセット。
すると解凍時、自動的にMSDにデータが
入る流れになってくれます。


データが入ったらMSDをPCから抜き取ります。

③魚探を立ち上げる
MSDは差さないで電源を入れます。


まだバージョンが13.30のままです。

④アップデートファイルの入ったMSDを挿入。
電源入れて立ち上がってからMSD入れます。


MSDを入れると自動的に画面が変わります。


一番下のソフトウェアの更新ボタン。
今回は英語なのでUpdate Softwareをタップ。

⑤ソフトウェアの更新を待つ。
in Progress、進行中ですね。


勝手に更新されて終わると
これまた勝手に再起動します。すると。。


最新版のVer,15.10になりました。

新しいバージョンになって
何が出来る様になったのかは私も
依頼者も全く分かっていないのは
言うまでもありません…(笑)
「日本語表記にならない?」とか呑気な事言ってましたがそんな訳ないでしょうが(笑)

あくまで自己責任でお願い致します。

Pocket