COLORS。

バサー3月号を購入。


あーおーいそーらが 見えぬなら青い傘ひろーげてー。
宇多田ヒカルを唄ってみました。
分かりますでしょうか。

それはさておきまして。
色のお話です。
これまた考え出すと迷宮入りします。

で、読んでいてナットクだったのが
泉和摩プロの記事。


内容は買ってみて下さい。
HMKL泉プロらしい観点なのですが
写真のこの目玉で更にナットク!

ハンクルルアーって見事にこの
キラキラのシール目が目立ちますよね!
K-0あたり使うと萌えちゃうくらい。
あのロールアクションあってこそですが、
すごくキレイに明滅しますよね。

記事はボディの話なんですけど、
さり気なくこの目玉にもコダワリを
持ってらっしゃるんじゃないかな?と
勝手にニヤニヤしてしまいました。

まぁ印旛沼だとニゴリすぎていて
金色でキラキラしているか、
マット系のどちらかで良い気もしますが(笑)

Pocket

IXAハンドルファスナー

気付いたらブッ飛んでまして。。


なーい。
ファスナー無くなってました。。
先日、キャリルさんで購入。


ハンドルファスナー。
税抜1600円でございます。。。
早速、取付を。


六角レンチが必要です。
コレ見つけるのに30分以上、
探し回ったのはナイショです。。。


完成!
ついでに他のKTFリールも
六角レンチで増し締め。

意外と緩んでいてビックリ。
※3年くらい放置してたのでそりゃそうだw

以後、気を付けます。

Pocket

東レ ランバトル

フィッシングショー、色々見て
この規格が気になります。


オカッパリ向けらしい。
東レランバトル、というライン。
フロロカーボンです。詳しくはコチラ

触った印象では同社ハイスタほど固くはなく、
かと言ってエクスレッドほど柔らかくもない。
ちょうどど真ん中の固さと言う印象でした。

気になるのは15lbという規格設定。
正直言うと東レさんは径が太いので、
0.352mmと言うと18lbくらいなんですが。。

15lbってのは正直欲しいですよね。

ともあれ、このラインの径の問題は
何とかならんものでしょうか・・・。

ドコの会社もバラバラの径でlb表示。

ワタシ的には14lbの径0.310mmで
色々使って一番しっくり来た会社の
ラインを使うことにしています。。。
(合格点は今のところ、マジックハードR、レッドスプール、フロロリミテッド(ハードじゃない方)FCスナイパーですね・・・。)

Pocket

おかわりする。

言うまでもなく「また来たの?」って
顔されました・・・(苦笑)


先週も来ました。
同じ薬出すしかないんだよね~と、
呆れられつつ。。

横浜で何か貰ったのでしょうか。
そんな訳でだましだまし仕事しつつ、
早めに休みます・・・。

Pocket

がまかつ・ナノスムースコート

フィッシングショーで一番気になり、
実物見て「コレ良いかも!」とモンドリアンバイト。


がまかつもフッ素コートに。
他のエサ針なんかでもフッ素コートで
既に登場していましたがとうとう僕ら
バスフィッシング用のトレブルフックにも。

商品ページもHPにありますね。


うんちくはこんな具合。
実際に画像のトレブルRBMやSPMを
触ってみた感想としては・・・
フック自体に固さがありました。

個人的な印象ですがフッ素コート系の
針ってみんな柔らかいじゃないですか??
たわみ易いと申しましょうか・・・

がまかつの担当者さんに聞いてみた所
元々出ていたトレブルRBMやSPMと
径や材料は何も変えていないそうです。

最後の仕上げにナノスムースコートが
施されているだけですよ、と。

仕上げ云々ではなく他社さんが柔らかい
理由は鋼材自体にあるとの事。
仕上げのフッ素は関係ないとか。

あとはこの先っぽの鋭さはこのフッ素で
ピンピンになり、従来のめっき仕上げでは
電気を掛ける関係で先が甘くなるとか。

とりあえずコレはお試しで買います。
従来のトレブルRBMより50円アップで
800円ですけれども。。

もっと読む

Pocket