11月上旬 印旛沼―NAB21オープン戦―

前日プラの話は飛ばします(笑)
と言うのもハリ折って魚掛けてないので。。

出るか止めるか散々悩んだNAB21オープン戦。


前日の感触ではヒシモ絡みでは
魚は触れそうな印象。
あとは触れなかったけど本湖が匂う。
他魚種も凄く多いんですよね。

で、朝はヒシモをやりに行く。
水温は14℃ギリギリと前日より低い。
朝の冷え込みが厳しいためでしょう。

なので温まるまでは無理…なんて
考えながらの5投目にモゾッと。
ウソ?と思いながらアワセる。
700gが出てきたと思ったら
秒でバレる…OTL
(※余談ですがヒシモが1本絡まっててアワセが甘かった)

ロッドを1ランク強くして撃つも
その後は全くバイト無し。そりゃそうだ。

開始5投でバラシて約3時間ノーバイトで
メンタル崩壊と向き合い続けます(苦笑)

予想に反して曇りがちな天候。
10時には完全に曇ってしまい、
これを機に移動を決意。

ずっと怪しかった本湖を回り、
スピナーベイト巻いてたら通り過ぎた
ガマが本当に僅かですが揺れる。
その光景が凄く気になってすぐに
テキサスに持ち替えて1投。

またそのガマが揺れて、今度は
ラインがピンと張ったのを見て
しっかりアワセると出てきたのは
キロ弱の貴重な1本目。11時くらい。

ここでまたハイライトに変わる。
なのでここからは川絡みを見るも
プラの時と状況変わっておらず無。

おしまいです。。。


980gで9位となりました。
朝のバラシが一日ボディブローで
痛かったけど、その中で1尾取り返した
メンタルの強さだけは健在だったかと(笑)

反省点はハイライトに戻ってから
川に入った事ですね。本湖で勝負を
し続けなければいけなかったと思います。
川はダメなのをプラでも承知していたので。

今年は自分の船で試合に出れておらず
このまま出ないのも腑に落ちないなと。
なので今回は結果はさておきまして
「試合中の1尾」が自分にとっては
最も価値のある存在である事を
確認出来て良かったかなと思います。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC610MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:ドライブビーバー
偏光サングラス:α-sightシューティングレッド(メガネの坂本)

 

 

Pocket

10月下旬 印旛沼。

あのですね、何もなかったんですよ。。


朝6時にハァハァしながら出船。
朝の時点で16℃台と高めに感じる。
水はこの時期らしい感じですけれども
微妙に澄んでいるようにも見える。


アタリもカスリもしないまま昼になり、
いつもの先輩に「トレーラーのランプ見て」
と言われて見たりして合間を空けて
再チャレンジしに浮きました。

日中は18℃に迫るほどに水温は上昇。

散々投げ散らかしてきましたが、
これと言って異常はないまま
あっという間に16時になり終了…OTL

今年も厳しい晩秋の印旛沼です。。
何したら釣れるんですか、アレ。。

Pocket

10月下旬 印旛新川オカッパリ

思ったよりお仕事に時間が掛かり、
着いた頃には日没間近。


ヤバイヤバイと慌てて新川へ。
ショアでは結構ベイトが見られて
食べる物には困らない感じ。

日中は晴れていたものの北風が
冷たく感じる一日でした。

ローライトを味方にちょっとだけ
外側に出ていないかなと
チャチャッとクランクを巻くと。


痩せてて細長い魚がなぜか釣れました。
あれだけベイト居るのに意味不明。
外掛かりだし無理やりだったのでしょうか。

17時には暗くなってしまいますし
いよいよ寒くなってきそうな予感。。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC611MH-5
リール:17タトゥーラSVTW
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:モーグルクランクSR

Pocket

10月上旬 印旛新川オカッパリ

試合がもしかしたらあるかも、
と先週は1時間だけオカッパリしました。


水は基本的には焦げ茶色。
秋らしい稲渋っぽいのと風で
グチャグチャ、更にターン気味。

この日は台風3日前。
機場が動き始めるタイミング?
良く分からなかったのですが
釣りしている時は水位変動はなく
この6時間後くらいから減ってました。

ですが川を見ていると大和田方面に
ガンガン流れたと思ったら、
西部印旛沼方面に逆流し始めたり。

5分10分単位で流れが変わって
もう見ていてメチャクチャ(笑)
水面見ていると酔うレベル。

これ絶対魚ビビるよな・・・
と沈み物にスピナーベイト通したら。


カーペットサイズでした・・・OTL
いつになったらまともな魚釣れるのやら。。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC611MH-5(レジットデザイン)
リール:17タトゥーラSVTW
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:イラプションJr

Pocket

9月下旬 印旛沼

来週は霞ヶ浦の予定があるので。
今のうちに浮いておこうと。


と思ったらいつもの方が同船。
「そこに丁度いい船があったから」
という到底理解不能な理由を述べておられました。。
前の晩もどこかでお目に掛かったような。


JBNBCルールに則り9時スタート。
水温がガツンと落ちてシンドイ予感。

なので安定している所かな、と
色々と見て回るもバイトが遠く。
ダラダラ見て回っていると後ろで
ゴソゴソとやっている。


本人曰く1300くらいだそうです。
さっさと逃がした後の一言は「小さいな…」でした。数日前に1900とか釣ってるそうで。。

その後はとにかくアタリもなし。
私もどうしても釣れて欲しい要素に
固執してしまい、やっと昼過ぎに。


400gくらいでしょうか。
でも釣れて欲しい所でバイトが出て、
船中勝手に盛り上がる(笑)

で、13時過ぎにエリア内を見て回り。
テメー釣らせろコラと言われたので
こういう所ですかね、なんて見てると。


700くらいのが先輩に。
あー、ココで釣れるのかと個人的に
ちょっとナットクでした。

結局夕方5時近くまでやって私マメ1尾。
後ろで釣っているので私がヘタなだけかと。。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC610MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+KTFフィネススプール
ライン:フロロカーボン16LB
ルアー:ドライブクロー
偏光サングラス:アルファーサイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket