4月上旬 印旛沼

試合はエンジン不調で散々でしたが。
練習はちゃんとしておりました。

土曜日は針折ってるので金曜日のプラだけお話を。


水温は日中には18℃台に。
この時期にココまで上がると嫌ですね。

で、朝イチに川を見て回る。
ありきたりな場所のインサイドで
スピナーベイトにすぐ来たのが500くらい。
(※近くに選手いたので写真なし)

魚が中に入ってしまってるのは先週からも
判断は出来ますが状況は変わりなさそう。

出来ればハタいた魚を探したいけど、
とりあえずお腹空いてないので
何がどうなろうと口使わない感じ。

この水温だと色々ありそうですが基本、無。

更には風で濁りがキツイので、
魚のコンディションとルアーのサイズが
どうしても合わない感じ。

うーんうーんと転々とするも無。
絶対いるだろ、って場所で風が
程好く抜けてる所でちょっと重めを
ズドンするとギュンとバイト。


細身ですが魚体はとても綺麗な1200gくらい。
スポーン云々ではないかなぁ…と。
お腹空いてた魚って感じで。

とにかく何をどうやっても基本は
バイトが殆どなくて。

エリアも変えて、撃つ場所も少し
時期的には早い気がしましたが、
ちょっと気分転換に違う事をやるとジワッとバイト。


キロちょっとでしょうか。
これはちょっと使えるかも、と。
一瞬だけ光明が見えました。

ただ、土曜日にこの魚を詰めに行くも
結局アタリもカスリもせず。

ただ、日曜日の優勝パターンがコレで
結構ビックリでございました。

もう少し土曜日に手を変え品を変えを
していくべきだったですね。反省。

―本日のタックルー

ロッド:ワイルドサイドWSC72MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン20lb
ルアー:フラップクロー10gテキサスリグ
ドライブビーバー5gテキサスリグ
偏光サングラス:アルファ―サイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

 

 

Pocket

3月下旬 印旛新川オカッパリ。

仕事の合間に1時間だけ一振り。
なので許して下さいませ。

東寄り風がそよそよ良い感じ。
そしてビックリなのが日曜日の夜の雨で
濁ってると思ったら…むしろクリア。
面喰いましたが、ちょっとチャンスな
雰囲気なので丁寧に落としていくと、
水深が少しある所でフォール中にグーッと。


1200くらいでしょうか?
なかなかステキなプロポーション。

このサイズでもWC611MH-5はトルクが
本当にあるのでカバーから余裕で出てきます。


フラップクロー4を丸飲み。
この時期、個人的には超テッパンワーム。

下流、雰囲気が出てきてます。
うーん。。。

―本日のタックルー

ロッド:ワイルドサイドWSC611MH-5
リール:20タトゥーラSVTW103SHL
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:フラップクロー4+5gリーダーレスダウンショット

Pocket

3月下旬 印旛沼―NBCチャプター千葉第1戦―

荒天予報が出ていたチャプター千葉第1戦。
帰着を1時間早め、12時帰着に。参加者52名様。


緑のステキな上着で今日も
真面目に司会進行です。

NBCではフェイスガード+不繊維マスクを
ルール化しております。

今年はチャプター、私も釣りします。
やはりルールなど肌感覚を大事にしたいし、
何よりこのご時世ですから出来る時に
釣りをしておきたいのです。


※筆者ですw
開始15分で釣れた1020g1尾のみ。
これで12位でした。

https://gogonbc.tv/result/info.php?no=485

結果論ですが、粘るべきでした。

でも翌週の試合を考えると、
見ておきたい場所がいくつもあり
後悔はしておりません。

前日まで釣れてる話でしたが、
やはり潮周りだったり天候だったり。
春は日替わりなのを肌で感じられ
収穫の多い一日でした。

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました!

【本日のタックル】
ロッド:ワイルドサイドWSC65M+(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:スティーズスピナーベイト
偏光サングラス:α-sight シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket

印旛沼遊漁承認証、購入と魚種認定の問題。

今年も一年、印旛沼で釣りをするために。


遊漁としての魚種認定はされてません。
しかしながら印旛沼で開催されている
トーナメントでは必携とさせて頂いてます。

これ凄く難しい案件なのですが、
今年に入ってこんな動きが埼玉県の
秩父漁業組合さんでありました。

https://gk-chichibu.blog.ss-blog.jp/2021-01-19-1

バス釣りでも遊漁料の支払いを求める、
という話です。漁協さんとしては
遊漁種が掛かってしまう可能性が
あるのだから…と言う論理。

漁協さんの意見は尊重すべきだと思うし、
今までグレーだった部分をハッキリと
「黒」と判断された内容です。

今回は遊漁料を求めるという形で
漁協さんはバス釣りを認めてくれてますが。。

世の中的にはやはりバス釣りの人は
お金も払わず釣りをしやがって…
なんて捉え方をしている漁協さんも
居るのかもしれない、一歩間違えれば
バス釣り禁止!なんて言われかねない
という危機感を持っても良い案件ではないかと思います。

チャプターの先々代の会長さんが
こういった流れを作ってくれたので
印旛沼でバス釣りをされる皆さんに
遊漁券に対するご理解ご協力は広まっています。
(※池の水ぜんぶ抜く番組でアホみたいに網入れても1匹もバス居ないくらいバスが薄いフィールドですが)

大会に出ない方ももし可能でしたら
遊漁券の購入にご協力頂けましたら幸いです。
(※ふな一、アサヒナボート店にて購入が可能です)

また、各地のフィールドでももっと
遊漁の対象にされておらずとも
ローカル団体や雑誌メディア媒体が
遊漁券を買う動きを斡旋してもいいのでは?
と個人的には思っております。

なお千葉県内水面共通遊漁証
という年券も印旛沼は含まれているので
こちらの購入もよろしければお買い求め下さい。
※印旛沼のボート店では印旛沼のみ釣りOKの年券しか売ってません、あしからず

皆様のご協力を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
去年あたりから書いてますがスマホで遊漁券買える仕組みになったらもっと広まると思うんですけどね。

Pocket

11月上旬 印旛沼―NAB21オープン戦―

前日プラの話は飛ばします(笑)
と言うのもハリ折って魚掛けてないので。。

出るか止めるか散々悩んだNAB21オープン戦。


前日の感触ではヒシモ絡みでは
魚は触れそうな印象。
あとは触れなかったけど本湖が匂う。
他魚種も凄く多いんですよね。

で、朝はヒシモをやりに行く。
水温は14℃ギリギリと前日より低い。
朝の冷え込みが厳しいためでしょう。

なので温まるまでは無理…なんて
考えながらの5投目にモゾッと。
ウソ?と思いながらアワセる。
700gが出てきたと思ったら
秒でバレる…OTL
(※余談ですがヒシモが1本絡まっててアワセが甘かった)

ロッドを1ランク強くして撃つも
その後は全くバイト無し。そりゃそうだ。

開始5投でバラシて約3時間ノーバイトで
メンタル崩壊と向き合い続けます(苦笑)

予想に反して曇りがちな天候。
10時には完全に曇ってしまい、
これを機に移動を決意。

ずっと怪しかった本湖を回り、
スピナーベイト巻いてたら通り過ぎた
ガマが本当に僅かですが揺れる。
その光景が凄く気になってすぐに
テキサスに持ち替えて1投。

またそのガマが揺れて、今度は
ラインがピンと張ったのを見て
しっかりアワセると出てきたのは
キロ弱の貴重な1本目。11時くらい。

ここでまたハイライトに変わる。
なのでここからは川絡みを見るも
プラの時と状況変わっておらず無。

おしまいです。。。


980gで9位となりました。
朝のバラシが一日ボディブローで
痛かったけど、その中で1尾取り返した
メンタルの強さだけは健在だったかと(笑)

反省点はハイライトに戻ってから
川に入った事ですね。本湖で勝負を
し続けなければいけなかったと思います。
川はダメなのをプラでも承知していたので。

今年は自分の船で試合に出れておらず
このまま出ないのも腑に落ちないなと。
なので今回は結果はさておきまして
「試合中の1尾」が自分にとっては
最も価値のある存在である事を
確認出来て良かったかなと思います。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC610MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:ドライブビーバー
偏光サングラス:α-sightシューティングレッド(メガネの坂本)

 

 

Pocket