11月上旬 印旛沼―NAB21オープン戦―

前日プラの話は飛ばします(笑)
と言うのもハリ折って魚掛けてないので。。

出るか止めるか散々悩んだNAB21オープン戦。


前日の感触ではヒシモ絡みでは
魚は触れそうな印象。
あとは触れなかったけど本湖が匂う。
他魚種も凄く多いんですよね。

で、朝はヒシモをやりに行く。
水温は14℃ギリギリと前日より低い。
朝の冷え込みが厳しいためでしょう。

なので温まるまでは無理…なんて
考えながらの5投目にモゾッと。
ウソ?と思いながらアワセる。
700gが出てきたと思ったら
秒でバレる…OTL
(※余談ですがヒシモが1本絡まっててアワセが甘かった)

ロッドを1ランク強くして撃つも
その後は全くバイト無し。そりゃそうだ。

開始5投でバラシて約3時間ノーバイトで
メンタル崩壊と向き合い続けます(苦笑)

予想に反して曇りがちな天候。
10時には完全に曇ってしまい、
これを機に移動を決意。

ずっと怪しかった本湖を回り、
スピナーベイト巻いてたら通り過ぎた
ガマが本当に僅かですが揺れる。
その光景が凄く気になってすぐに
テキサスに持ち替えて1投。

またそのガマが揺れて、今度は
ラインがピンと張ったのを見て
しっかりアワセると出てきたのは
キロ弱の貴重な1本目。11時くらい。

ここでまたハイライトに変わる。
なのでここからは川絡みを見るも
プラの時と状況変わっておらず無。

おしまいです。。。


980gで9位となりました。
朝のバラシが一日ボディブローで
痛かったけど、その中で1尾取り返した
メンタルの強さだけは健在だったかと(笑)

反省点はハイライトに戻ってから
川に入った事ですね。本湖で勝負を
し続けなければいけなかったと思います。
川はダメなのをプラでも承知していたので。

今年は自分の船で試合に出れておらず
このまま出ないのも腑に落ちないなと。
なので今回は結果はさておきまして
「試合中の1尾」が自分にとっては
最も価値のある存在である事を
確認出来て良かったかなと思います。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC610MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:ドライブビーバー
偏光サングラス:α-sightシューティングレッド(メガネの坂本)

 

 

Pocket

10月上旬 印旛新川オカッパリ

試合がもしかしたらあるかも、
と先週は1時間だけオカッパリしました。


水は基本的には焦げ茶色。
秋らしい稲渋っぽいのと風で
グチャグチャ、更にターン気味。

この日は台風3日前。
機場が動き始めるタイミング?
良く分からなかったのですが
釣りしている時は水位変動はなく
この6時間後くらいから減ってました。

ですが川を見ていると大和田方面に
ガンガン流れたと思ったら、
西部印旛沼方面に逆流し始めたり。

5分10分単位で流れが変わって
もう見ていてメチャクチャ(笑)
水面見ていると酔うレベル。

これ絶対魚ビビるよな・・・
と沈み物にスピナーベイト通したら。


カーペットサイズでした・・・OTL
いつになったらまともな魚釣れるのやら。。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC611MH-5(レジットデザイン)
リール:17タトゥーラSVTW
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:イラプションJr

Pocket

8月下旬 印旛沼

水位が高い印旛沼も今年もあとわずか。
あとはJBⅡ霞ヶ浦が延期なので…


暑いけど浮いてきました。
魚探スイッチONしてテンション下がりましたが。。


既にほぼ30℃ですよ・・・
当日のお天気はこんな塩梅
思ったより風があり凄くラク。

で、今回もテーマを決めて浮きました。
大嫌いなバックスライドを練習。

・・・案の定、ド下手(笑)

と言うのもですね。。
朝の2時間で良い魚を2本バラし、
更にスッポ抜けも多発(泣)
あーだこーだやっているうちに水温2℃
上がり、もう無理です状態に追い込まれる。。

タックルバランスが結局出せぬまま
気付けばお昼を過ぎてもう涙目。
で、泣きのペッタンペッタンを始めて
1発だけ仕留める。


大したサイズじゃないかなと
思ったら1500くらいでした。

この後はバックスライドに戻して
一生懸命練習しましたが・・・
特に何も起きなかった点には触れないで下さい。。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC65M+(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:ドライブシャッド
偏光サングラス:アルファ―サイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

 

 

 

Pocket

8月中旬 印旛沼オカッパリ

いつもの先輩といつもの昼飯バトル。
今年は釣れてないので危険な香りが
正直プンプンしていましたが・・・


釣れる気しないローライト(笑)
弱気なためか「9時終了」の設定。
そしてその弱気は釣果にも。


お互いにこれくらいの豆で
何とか肉にありつこうと争い合う
目も当てられない酷い展開。。
※絶対知ってる人が見たら呆れる醜い争いw

その酷い展開をまさかの私が
打破する事となります。

そうです、「今日のその時」を迎えるのであります。

水温32℃で間違いを起こすのなら
私の大嫌いなアレだろうと。
でもかなり弱めに重点を置こうと
思い付きでドライブスティック3.5を
バックスライドでセットし。

開始数投で糸が「プンッ」と。


見事に狙い通りの500g!(笑)

もうね、声を大にして言いますけど。
数日前の1700gより嬉しいです(大笑)
やっぱりバス釣りは競ってナンボだとしみじみ。

久しぶりの勝利です。


なぜか「かつや」になりましたが(笑)
※数日前に高級焼肉ランチにありついたらしく「今日はすだちうどんが喰いたい」とか意味不明な発言が始まり、最後は「トンカツが良い」と頑として聞かない先輩の意向に添う形となりました。優しいなぁ、ワタシ。

この後は釣り具屋巡りでなぜか
私がまた往復3時間コースの運転手。。

先輩、次回は平城苑でお願いします!

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC610MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+KTFフィネススプール34mm
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:ドライブスティック3.5 バックスライド

Pocket

8月中旬 印旛沼

今年全然魚釣ってない38歳児。
容赦なく平日にコッソリ浮きました。

当日のお天気はこんな具合
もう暑くて無理な感じ。
水温は朝の時点で29℃らしい。by T沢さん


というのも「魚探忘れてん」しました(苦笑)
こうなると深い場所の練習も出来ず、
とりあえずサイトでもしに行こうと。

んが・・・
全然魚、見えません(泣)

色々見てると風の影響で少しだけ
カレントが出ている感じ。
深い所はコチョコチョしても釣れず。

レンジが上の方なのかなぁと。
風カレントと川の流れがリンクし、
シェードもあるモロな所にヘビダンや
テキサス撃って釣れずに最後に
レンジが上の方になるよう意識し
クランクベイトをモノにタイトに通すと
ゴミ引っかかったようなバイト。


1700gくらいでしょうか。
ピュアグラスロッド様サマな1尾。

ただ、このコンディションでそのバイト?
もう何だか先が思いやられます。

そして案の定、全然釣れない(泣)

少しでもカレント効いてる所を
見て回るもやっぱり釣れず。
何となく流れの効いてない所に
ポイッとすると弱ーいバイト。


両面こんな感じのヤラレ気味の魚。
そりゃ流れない所に居ますよね。。

9時半には風向きが変わって
カレントがほぼ止まってしまい
何をやっても無理な感じに。

ゲリラ雷雨の情報がありましたので
素直に昼で上がりました。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC-G66ML(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ
ライン:フロロカーボン12lb
ルアー:ワイルドハンチ

ロッド:ワイルドサイドWSC72MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン20lb
ルアー:ダブルモーション3.6+7gテキサスリグ

偏光サングラス:アルファ―サイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket