6月中旬 印旛沼

相変わらずローライトな印旛沼へ。
平日フライデーです。


悪い人が増えてきました(笑)
この日のお天気はこんな具合
どちらかと言えば晴れ間もたまに覗く
曇り空でございました。


水温も少し上がって20℃ちょい。
日中で22℃くらいでしょうか。

週末まさか晴れたら…と
不安もあったのでドアフター探しを。
しかしこれが1日やっても全く当たらない。

水もどこもそんなに悪い訳でもなく。
その辺は水曜日と変わらない。

シビレを切らしてしまいまして、
ちょっと回復が居そうな場所を
通りすがりにポイッと投げて
よそ見していたらラインが明後日の方向へ。


ええー…。
アフター回復がいとも簡単に。
風も絶妙な抜け方だったので、つい。。

更にもう1本バイトが出るもさすがに
金曜日なのでアワセずに我慢。

こうなってくるともう頭の中は
更にお花畑になってきてしまうんです。
お疲れ気味の魚を結局見つけられず
もう回復系やっちゃうよ!と。

天気予報が「晴れ」「真夏日」なんて
残酷な事になっているのもつゆしらず。。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC610MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:ダブルモーション3.6+5gリーダーレスダウンショット
偏光サングラス:アルファーサイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket

6月中旬 印旛沼

イケないオトナの平日プラの模様から。
当日のお天気はこんな具合


前日も雨が少し降っていて、
更に当日も雨が降ったり止んだり。
ただ、この時点で日曜日の天気予報は「雨」。

ずぶ濡れ上等、と練習。
水温は少し落ちていましたが、
日中は20℃台まで上昇。

先に申し上げておきますが今大会は
「アフター回復」か「回復してないアフター」
のどちらに照準を絞るのかがキーになる。
この辺は皆さんも意識されていたかと。

で、言わずもがな前者を探して
見て回りました。雨でどうなるかなと
チェックして回るとメインレイク寄りで
1発だけ釣れましたが…


痩せてる500くらいが釣れる。
少しニゴリが入ったので具も
大きめにしたのですが、
このコンディションでボボヨーンを
喰うんだとちょっとヒントを貰う。

この魚だと勝負にはならないので
もっと回復系が好きそうな場所を
見ていくもバイトは全くなし。

えー、絶対どこかに居るハズと
色々やっていると先週から
クチボソがクタクタになって
フラフラしているのに加えて、
モロコっぽい頭の丸い魚が元気に
フラフラしているのを見かける。

唯一やっていなかった巻き物で
しっかりチェックしていくと
思いっきり沖でドン!


キロあるなしでしょうか。
このコンディションです。(※良く引くので右手首ヤラレました)
思いっきりポジション違う。

魚のポジションが見えてきたので、
今度はガマの張り出した所に
再びボヨヨーン、とさせると
ラインが横に走る。


これはキロちょいでしょうか。
完全にアフター回復がウロついてる。

タイミング合わせるのは難しいけど、
回復系に照準を合わせたプランで
勝負しないとヤバいな、と今思えば
頭の中がお花畑なウェンズデーでした。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC69MH(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスフィネス¥
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:ドライブクローラー6.5

ロッド:ワイルドサイドWSC-G66ML(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ
ライン:フロロカーボン12lb
ルアー:ワンエイトSR

偏光サングラス:アルファーサイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket

6月中旬 印旛沼

来週はもうNAB21第3戦。
ですがこの日は試合を忘れて息抜き。
下流へドンドンドンブラゴーングです(意味不明)


水温は朝の時点で21℃台。
お天気はこんな具合でした。
南風が昼から、特に夕方が強かったです。

一番様子を見たかったのはココ最近
右手首が痛いのでサポーターしながら
釣りがどれくらい出来るのか、そこのチェック。
(※そもそも釣りするなってツッコミは不可w)

重たい物を投げるのが最初は怖いので
軽いリグでピッチングしておりまして。
そういえばオカッパリでココに何か
あったような、と1投してみたら
プルプルプル・・・コン!とバイト。


うわ、釣れた!(笑)
600gくらいでしょうかね。
久しぶりに魚に触れてルンルン。

少しずつピッチングのウェイトを上げ、
色々ペチペチしていくもこの後は無。。

そしてたまにバイトするのは手のひらサイズ。
2匹のマメが後ろに吹っ飛んで行く。
フッキングも出来そうかな、と安堵。

それにしてもバイトが遠くて白目。

これだけローライトで風も良い感じ、
それでも釣れないのか?と最後は練習で
右巻きリールをグリグリしていたら
フッ!とブレードの振動がなくなるバイト。


右巻きなのでアタフタ(笑)
700gとかでしょうかね。
それにしても痩せてます、釣れた魚はどちらも。。

来週に繋がる気はしませんが
魚が釣れただけヨシとします。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC-ST610ML(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスフィネス
ライン:フロロカーボン10lb
ルアー:HPシャッドテール+5gヘビダン

ロッド:ワイルドサイドWSC65M+(レジットデザイン)
リール:PR100
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:スティーズスピナーベイト3/8oz

偏光サングラス:アルファ―サイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket

5月中旬 印旛沼

大人のイケない平日プラクティスから。
大雨予報が金曜日から出ており、
正直参考にはならない一日に。


当日のお天気はこんな具合
午前中は北寄りでしたが午後から南寄りに。
水温は朝17℃ちょい、日中は22℃くらいに。


千葉チャプター第2戦でデコってから
連休行った時もデコり。
全然釣る自信ないし状況掴めないしで
とりあえず魚に触りたいところ。

ですが・・・「無」。
平日ですよ!?本当に何も起きない。
新堀から順繰り全部見て回って
アタリの「あ」の字すらない。

水だってそこまで悪い訳でない2022年代掻き。
ルアーも片っ端から試しました。

これどうなっちゃってるの?と、
平日なのに崩壊していました。
更には酒直水門が大雨対策で
排水を始めており、捷水路は昼から逆流開始で白目。

逃げるように午後から西部方面を見て、
矢板で突然フォール中にラインが走る。


ををっ、バスが居た!(笑)
サイズに関係なく感動する40歳児。
そんな簡単に喰うのかいな、と。

慌てて矢板見て回るも結局アタリは無し。
なんでやねん・・・

これで大雨降ったらもう無理だぞ。
この時点では完全に白旗上げてました。。

―本日のタックルー

ロッド:ワイルドサイドWSC72M(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:ドライブビーバー+5gリーダーレスDS
偏光 :アルファ―サイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket

4月上旬 印旛沼―NAB21第1戦、2位―

めまぐるしく変わる状況に正直、
どうとでもなれと思いながら試合です。


参加者49名。
当日のお天気はこんな具合
何と天気予報が変わり雨がパラつく1日に。

会場前の水温は11℃台でした。

フライトが遅いので空いた所で状況確認。
1カ所目は雨で魚が戻りそうな場所を。
水温は12℃台と気持ち高め。

すると開始1時間で3バイト3雷魚…OTL
モゾッと良いバイトが出るんですわ。。
用意していたリーダーレスDSのフックが
全てグニャグニャで作り直す羽目に。
ただ雷魚はずいぶん活性高いのね、と。

2カ所目は先週優勝したエリアに。
ってもかれこれ4年振りくらいに魚を
触ったエリアだったのもあり、
全然自信がなかったりします(笑)

北風もブチ当たっていたし、
水もあまり良くなく今日は無理かな、と。
風が少し避けられる所で弱いバイトが
出て奇跡的に700gを抜く。8時半。

1本釣ったら御の字だったので正直、
かなり気持ちが楽になりました。
もう1流ししてサクッ見切りをつける。

9時にエリア移動。水温12度切ってる。
でも雨も思っていたより冷たくないので
もしかしたらプラスに働くかも?
水もすごく良い。

そんなイメージが見事に形になり、
パラガマで着水と同時にモンドリアンバイト!
ご馳走様です!とフッキングすると
見事なスッポ抜け…OTL
貴重な700gが。。。9時半の出来事。

ここから北~北東の風が強くなりだし、
どこもそれなりに当たって苦しい展開。
転々として11時30分にエリア最奥へ。

先述した通り風がかなり強くて
アプローチが雑になってました。

ふと視界に入った1流しした
矢板がどうしても気になる。
風も当たってて水も状況も悪いのに、
撃ち方、ルアー、全て変えたら
釣れる気がしてならない。

その1投目。

ジワッと重くなるバイトが出て
そこからは無我夢中で引っ張りだし、
ネットインしたのが奇跡の1600g!

時間的にも余裕はそんなにないので
後ろ髪をひかれつつエリアを後にし、
今回も2尾で終了。


2尾2310gでした。
2本ウェイインは私だけとのことで、
遂にナブで勝っちゃったかと思ったら
O野さんの怪獣1本に10g負けて安定の2位。
(※メンバー用DVD配られたあのタイミングでまた10g差で負けるって…)


それでも練習の内容からすると
2位は出来杉くんです。
本当に運が良かった、タイミングが良かった。

マグレが2週続きましたが、
しぶとく釣ってくれて良かったです。
これだけ10gで痛い目に遭うと、名前は「晃一」から「晃十」にした方が良い気がしてきました。。

参加された皆様、スタッフ各位、お疲れ様でした。

―本日のタックルー

ロッド:ワイルドサイドWSC72M(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+105SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:ドライブビーバー3.5リーダーレスDS
偏光 :アルファ―サイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

 

Pocket