THタックルのシャンデリーをフック交換する。

気付いたらボロボロにフックがサビた
シャンデリーというルアー。


よく見たらストレートフックを
ワイヤーに取り付けてる構造なので、
この度がまかつのワーム310の3/0に交換。


適当にPEライン巻きつけて
しっかり固定してあげました。


ところでアンタ、このルアーで
バス釣った事あるんかいな?
そう思った読者様も多いはず。

…ええ、ありません。。アラバマ童貞です。。

Pocket

スィンフィン ファッツオー

とあるお店で見かけてガット。


スィンフィンのファッツオー。
残念ながらパッケージ開封済です。
開いてなかったら結構な値段つきそうです。

ただ、個人的な思い入れとしては
ファッツオーよりショートワート。
ショートワートはいっぱい釣らせてくれたので。

見た目はあまり変わらないですが、
ショートワートとファッツオーって
ウェイトから泳ぎまで全然違うそうな。

比べてみたい気もしますが
そもそもあれだけお世話になった
ショートワート、何処行ったっけな…(笑)

Pocket

ボアレスUKS・SVガード―ジョインテッドクロー178用―

こんなのあったのかいな!?
と、リアクションバイトしてしまいました。


UKSさんのビッグベイト専用ガード、
SVガードという製品。
パッと見、ダイワの製品かと(笑)


こんな風にラインアイに挟み込む。
なかなか画期的なアイテムですね。

これでパラガマの中にボッチャン、
チョンチョンドーン!ですよ。

今週末のNABが終わったら
「ジョイクロ178で釣れるまで帰れません」
でもやりましょうかね。

Pocket

ルアーのリップ修理。

夜な夜なこんな事をしてたりします。


こんな風に割れちゃったルアーのリップ。
エレキのヘッドにぶつけてしまったり、
あとは固い物にぶつけちゃったり。


で、前にご紹介したUVボンディやら、
もしくはダイソーのUVレジン液。
これとUVライトを使ってあげれば修理可能。


最初は適当でも大丈夫です。
ただ、水を受ける面に対して
シリコンのシートなど当てながら
リップが平らになるようにするのが
大事かなと思われます。


こんな具合にあっさり修理完了。
だいたいでもジャパニーズルアー、
ちゃんと泳いでくれます(笑)

プラ用に回してあげればOK牧場です。

Pocket

ヒラクランクギルのデジ巻きチューンとフェザー。

この釣りについてはド素人ですが。
泳がせてみて分かった事が。


当初、フックは両方ともフェザー仕様に。
しかし、上手く首を振らない場面が多く、
フロントを無くしたら大正解。

ここ数年流行りのデジ巻きをやるならば
ジョイント部分のフロントで首を振らせる
ためにフックは通常のまま。

方やジョイント後方部はブレーキを
掛けるためにリアフックにフェザーを付ける。
このバランスがよさそうです。

板オモリの位置がまだ決まらず
試行錯誤が続いておりますが。。

これくらいのルアーならば
MH~Hで全然投げられますので
面白いですね。釣れないけど…

Pocket