4月中旬 霞ヶ浦―JBⅡ霞ヶ浦第1戦―

昨年9月の最終戦で船が壊れた船頭。
そして年末の飲み会で確認した時点で
「まだ何もしていない」事が発覚。

今年はオファーないな…と思ってたら
4月頭に「船直りました。出ましょう」と(笑)
※その件に際しまして多大なるご尽力を頂きましたI川様、本当にありがとうございました<(_ _)>

そんな訳でJBⅡ霞ヶ浦です。


うるさいノンボーターの赤いP尾さんが
今年も元気にいらっしゃいました。

で、霞ヶ浦は水温12℃くらい。
そして水がドブみたいな緑色していて
でも上だけ澄んでるやりづらい水。

案の上、朝は手も足も出ず。
連日の冷たい北風が効いてる感じ。
船頭もらしくない釣りしており。

11時くらいに風が南になったタイミングで
ボソッと一言ボヤく。
「もっと長瀬さん”らしい釣り”した方が良いっスよ」
とだけ。

すると話を聞いてくれたのか、
単にライトリグに飽きてきたのか(笑)
ここぞという所でルドラを
放り始めて、”らしい釣り”を
始めた2投目に見事にバイト!
私も「あそこで何か起きるな」と予感は
していたのですぐネット持ってIN。

値千金の1300gフィッシュでした。


遠近感がおかしい写真ですね(笑)

https://www.jbnbc.jp/_JB2019/view_result.php?t_id=10760&page=result

1尾1376gで6位となりました。
2年前の再現ですね(苦笑)

それにしても良い魚でしたし、
何より良い釣り方していました。

あれはホント私じゃ無理。釣れません。
こうやって釣るんだよ!じゃないけど、
凄く良いモノ見させて頂きました。
※冗談抜きで釣れる予感しかしなかったため全部見ていました

こういうのもJBⅡ霞ヶ浦の楽しい所。
良い勉強させて貰いました。

現地でお会いした皆様、そして
誘って頂いた長瀬プロ、ありがとうございました。

Pocket

9月上旬 霞ヶ浦―JBⅡ霞ヶ浦最終戦―

年間暫定2位で迎えた最終戦。


お天気はこんな具合でした。
予報では東寄りの風が不安定に吹きました。
北東だったり、南東だったり。
水温は28℃くらい。

昨年もそうでしたが秋の霞ヶ浦、難しいです。
魚が非常に散って、そのクセ広い水系。
なので合わないとひたすらノーバイト。

前回もそうでしたが、今回もノーバイトな
時間が続いて苦しい展開に。
前日の雨でシャローが活きるかと思ったのに。

そこで少しずつ、少しずつ深さのある
エリアにシフトしていくとやっとこさ
船頭がキロ弱!!!偉い!!

んがっ、バイトは続かない。

シャローは見切って水深のある
エリアを見て回るべきかな、と。
そして移動した先ですぐに私にバイト。
残念ながらノンキーで後ろに吹っ飛んで終了。。

この後はバイトもなく終了。


https://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10780

赤い人が超ゴキゲンです(笑)
結果は30位、そして年間は8位。

先にも申し上げた通りやはり
エリアや釣り方はバラバラ。
秋らしくシャローもディープもまんべんなく。

反省点としては散ってる魚達に対し
もっとエリアを回していくペースを
早くしなければダメだったという事でしょうか。
明らかに魚が居れば数投ですぐに反応出ましたから。

ショックだったのは釣れ釣れの試合で、
しかも意外と横の釣りでも釣れていた事。
この辺はかなり再考の余地あり。

翌日は船頭はエンジントラブルに見舞われ
来年に向けてしっかり準備するように
霞ヶ浦に言われた気がしますね。

まずは年間、ありがとうございました!>船頭

Pocket

6月下旬 霞ヶ浦―JBⅡ霞ヶ浦第2戦―

早くも前日に梅雨明けが発表。
そんなサマーな霞ヶ浦へ。


南西風が強く吹く中、JBⅡ霞ヶ浦第2戦。
言うまでもなく霞ヶ浦がどんな具合か
まったく知りません(笑)


エリアチェックに余念がない船頭。(※ホントか?)
長瀬けいいちプロと今回も
タッグを組ませてもらいました。

フライトが早かったため1番乗りで
入りたいスポットに向かうもどこも
一般の先行者が居て後手後手に。

気付けば後ろからガンガンぶち抜かれ。
本湖界隈の空いてる所から始める
あまり良くないスタート。
水温は朝の時点で27℃ほど。

開始1時間ノーバイト。
正直、後ろでやってて釣れる気せず。
気になった場所を提案して
一生懸命やるもノーバイト。

あれ、ココで釣れないの?
と違和感を覚えてクランクに変え
1投目で600gのキーパー。

ポジションが全然違ったのね、と。

この後、船頭が1400gくらいの
魚をやっつけに行くも失敗。
かれこれ本湖界隈を回って
ノーバイトが続いて11時。

7~8mの南西強風で正直、
東浦とか一歩間違えると沈むレベル。

ヤバい展開に船頭は本湖を見切る。
そして川を転々とするとやはり
私のクランクに400gのキーパー。
このタイミングで風が南東寄りになったんですね。

やっぱりポジションずれてる!
と船頭と最後は一生懸命巻いて
長瀬プロが900gを釣り上げる!

時刻は12時20分過ぎ(笑)
何とかカタチにはして終了。


※前に出し過ぎです、船頭。
http://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10770&page=result

結果は1916g(3尾)で12位。
パンチない試合してしまった感が
個人的には強くてイマイチ。

でも揃えたのは良くやった!ですね。
3バイト3フィッシュですからもう
ピュアグラスロッド様サマです。

残すは最終戦のみ。
そして年間成績は暫定2位。
長瀬けいいち、2年連続AOYなるか?!

ナカナカ難しい展開ではありますが、
秘策と申しますか”妙案”を思いついたので
最終戦も楽しみたいと思います。

船頭、プラをミッチリミッチーで頑張って下さい。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC-G66ML(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ5.8
ライン:フロロカーボン12lb
ルアー:イヴォーク、ワイルドハンチ
偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket