TD-Zのマグネットブレーキが効きすぎる症状

昭和なリールのお話しです、また。
1台のTD-Zがどうもブレーキの利きが
異常に利いてしまっており。

マグダイヤルをゼロにしても強い。
なので中を確認しました。


サイドプレートを外すと一目瞭然。
磁石の位置がズレています。
溝がその目印です。


マグダイヤルをマックス10にして
溝が全部一列に揃うのが正解。
これでやはり症状は改善されました。

古いリールばかり使ってると
こんな事ばかりです・・・

Pocket

サヨナラVW-2060と代打VS-3060にひと手間

ずっとコダワっているタックルボックス。
廃盤のバーサスのVW-2060ですが、
ヒビがかなり増えてきてクタクタに。
蓋の予備はあるのですがもったいなくて。

そこでフタ以外は全く同じVS-3060を。


蓋が透明の樹脂製なのが残念なのですが、
まぁプラグ入れないし大丈夫かな?とお試し。

とりあえずいつもの問題点を改善。


この側面にある空気穴みたいなモノ。
VS-3078や3080にもありますね。

これが厄介で雨降るとここから水が
入ってしまい中の物がサビサビに。
なのでコーキングして塞ぎます。


コーキング使う用事が何かないかな、
と思ってたら用事があり遂にコーキング。


・・・大体で良いんですよ。だいたいで。※A型です
これで水が入り難くなります。

それはさておき。

VS-3060のABS樹脂の蓋と言いますか
アッパーパネルを作って下さい、メイホウさん。。。

Pocket

信号紅炎、購入3と信号紅炎の予備知識。

かれこれもう3年半が経過した訳です。


信号紅炎の期限が5月だったので、
忘れないうちに今月中に購入しました。
コレ高いですよね・・・

早いものですね。
期限は3年6か月だそうです。

チャプターの運営に携わらせて
頂いてますと色々なご質問を頂戴しますので、
JBNBCのタックルチェック時に出てくる
信号紅炎の話を最後に少々。

まず、車の発炎筒で代用したいってのは
法的にアウトです。これは光度が足りません。
小型船舶用の信号紅炎は400カンデラ以上、
車の発炎筒は160カンデラ以上なので
法廷備品としては認められません。

ソース:https://jci.go.jp/question/kensa_qa.html


最近でインパクトがあった質問ですと
「コレ2個入りだから1個ずつ友達と分けても良い?」
というご質問ですね(笑)

写真でお分かりかもしれませんが、
これ2個に分けられるんですよ。

これも残念ながらアウトです。
私自身もJCIさんで確認を取りましたが、
この信号紅炎は2個1セットという認識です。


https://jci.go.jp/inspection/pdf/houteibihin.pdf

2個入り1セット、と明記もされてます。
ご注意下さい。

船検だと携帯で代用できますやん、
という質問も良くありますが、
これはJBNBCルールでは代用は不可です。

チャプター会議でも一度議題に出ましたが、
やはり安全第一で大会を行うため、
また非常時に携帯が水没する等して
使用できない場合が考えられます。

そんな訳で高いけど信号紅炎を
JBNBCの参加者様はご購入お願い致します。

・・・そして半分には分けないでください(笑)

Pocket