スタンレー・バイブラシャフトとちょっとイイ話。

バス釣りにのめり込んだキッカケは
このルアー無しには語れません。


スタンレーのバイブラシャフト。
このニンジンみたいな色が
当時何となく釣れる気がして。

そもそもこのルアーを手にしたのは
祖父が拾ってきたのを頂戴したモノ(笑)
フック研ぐの大変だった・・・

で、つりトップで印旛新川を見て
11月3日に父に連れて行って貰い。
ゆらゆら橋の下でワームで1尾釣って
何かイケイケになった私はこの
バイブラシャフトを流れ込みへ
キャストして37cmのバスを釣り。

こんな訳分からないオモチャで
魚が釣れるのか!?と親子で感激し
かれこれ25年以上続けております。
あのドキドキは未だに忘れられません。

スカートのカラー然り、
ヘッドのラメ感とか…良いですよね。
今見ても何だかワクワクします。

で、この写真のバイブラシャフトですが。

ネットサーフィンして見つけました。
セブンパームスさんというショップ。

私の思い入れのあるカラー、
しかも新品パッケージ入りが
懐かしくて買っちゃっただけですが。


わざわざスカートを止める
ワイヤーも同封して下さいました。
コレ、個人的には感激。

バス釣り大好きなんだろうなと
何だか凄く嬉しくなりました。
ありがとうございました。

2個買ったし、1個は使おうかなと思案中。

緊急事態宣言解除でいよいよ
昔を懐かしんだり振り返ってる
場合じゃないので昔話も
ホドホドにしておきたいと思います。

 

 

Pocket

DB-06 バンゴB

相変わらず釣りに行くのが微妙なため
釣り具やルアーネタが続きます。

先日の記事でバグリーのミノ―を
取り上げてみましたが。
バグリーと言えばやはりコレ。


バグリーDB-06。
通称バンゴB。

こうやって写真撮るとなんだか
サイズ感が分かりませんよね。
こんな具合です。


ミスティーと並べてみました(笑)
重さは約43g、ボディは15㎝ほどあります。
今でこそ比較的フツーのサイズ?に
見てもらえますけれども。

私がバス釣り始めた25年以上前では
アホか?というサイズ感でした。
でも買ったのは今江プロや菊元プロの
影響だけだった訳です。

このルアーで釣った事ですか?
あるわけないじゃないですか(笑)
老後の楽しみ?に取っておきます。


それはさておき。
この二つのバンゴBは微妙に
リップの部分が違っております。

片方はアイの所に鉛があります。

この辺の違いが分かる方、
詳しい方はコッソリ私に教えてやって下さい。。

Pocket

bagley’s バングオールアー#2

江戸川のボラ釣りネタの話。
今は江戸川もキレイになったので
もうボラの群れが浮いているのも
見なくなってしまいましたが。

ある時、黒い疑似餌に疑問を抱き。
ルアーじゃなくて、針を黒く塗れば
釣れるんでないか?という仮説。

そこでなぜか白羽の矢が立ったのがコレ。


バグリーのミノ―です。
バングオールアー#2と言う名前。
バグリーについては詳しくないので
良くわかりませんが。。。


当時の仮説は当たっていて。
やはりルアーは白くてもいいから
フックが黒ければ釣れました。

プカプカ浮かせるとバグリーが
凄い勢いで消え去るのです(笑)

それはさておき、この話には続きが。

当時は単なる釣り好きだったハリーは
このバグリーのミノ―をボラの群れに
必死に投げている最中に事件が起きます。

ボラの群れを通り過ぎてバイトがなく、
回収している最中のルアーに突然
白い”何か”が襲い掛かったのです。
足元だったのでハッキリ覚えてます。

無我夢中で釣り上げたその魚こそ、
当時は結構レアだったバスでした。
45cmですから衝撃的でした。

そんな出来事からルアーでは
ブラックバスが釣れる!もっと釣りたい!

そんな願望が生まれて今に至ります。

Pocket

江戸川のボラ釣りルアー?

お片付けしてたら出てきたシリーズ。
超ローカルネタです。


きったない発砲スチロールみたいなモノ。
これ、れっきとしたルアーです。
ルアーというか疑似餌でしょうか。

今から25年以上前の江戸川は結構
ドブ川でゴミが浮いてました。
そのゴミをエサにしていたのがボラ。

で、そのボラを釣るべくこういった
黒い浮遊物に針をつけ浮かせる。

すると群れで浮いてるボラがこの
訳分からない疑似餌にバイトするのです。

しっかしコレで60オーバーのボラが
半日で20本くらい釣れましたから…
楽しい思い出です。

 

Pocket

アブガルシア・KX101

先にインスタで上げちゃいましたが。
僕の世代は左巻きリールでの
ダブルクラッチフッキング全盛期です。

TD-Xシリーズが出るまでに
使ってたリールがコレ。


アブガルシアKX101。
ボディがほぼオール樹脂です(笑)

当時、今江克隆プロが同社の
マクサーLHを使っていまして。
その姿に憧れた訳です。
ですが当時既にマクサーは廃盤。
今さらですが、M浦さんにお願いして譲って貰おうかなw

売っておらず代打で買ったのがKX101。


先にも申し上げた樹脂ボディ以外に
特徴はやはりクラッチかと。
押すと「クシャッ」とするあの感じ(笑)

そして言わずもがなと思いますが、
インフィニットストッパーはついてない。
※要するにハンドル回して止めると1cmくらい逆転するw


当時はコンバットスティックにセット。
GCSC-65MHスーパーウォーリアです。
ちなみにラインは東レブッシュランナー16lb

これで近所の野池から印旛新川、牛久沼、
霞ヶ浦と色々と足を運びました。
ジャンボグラブや8インチワームのズル引き。
CB200やTDスーパークランク、
デルタフォースなど何でもござれです。

それはさておき。

今見てもこのデザイン、カッコいいなと
個人的には凄く痺れてしまいます。


ALVANさんの公式の動画です。
当時も今も最前線で活躍されてるのは
やっぱり凄いなとしみじみ。

この動画見て当時のエアリアルと
エイペックスが欲しくなってしまいました。。

Pocket