ラッキークラフト CB-100とCB-50。

良く釣れたクランクベイトはやはり
CBシリーズだと思います。


手前がCB-100。奥がCB-50。
ムーンサルトクランクなんて名前が
言われていたような気がします。

CB-100は1mダイバー。
後にCB-50は50cmダイバーとして出ました。

個人的にはCB-100が好きでした。


向かって右側がCB-100。
左側の穴が開いたのがCB-50。

結局、CB-50ってリップに穴開けて
潜らないように設定されてますが。
イコール水をリップが受けないので
アクションがまるで別物に。
すごーく弱いタイとアクションだったかと。

だからCB-100がやっぱり良かったです。

あと、個人的にCBシリーズが良いのは
独特のガラスラトルだと思います。
あのシャラシャラしたラトル音って
魚がジャレつきたくなる気がします。

なので釣れるけど小さい魚も多く釣れる印象。

ともあれこの頃のラッキークラフトは
加藤誠司さんがやっているので優秀な
ルアーばかりが生まれて今も生き残ってますね。

Pocket

メガバス・ライブXリバイアサン。

メガバスブーム全盛期。
初めて買えたメガバスルアーはコレ。


ライブXリバイアサン。
手前のカラーがまさにそれ。

今でもハッキリ覚えてます。
今はなき中野木交差点近くにあった、
上州屋さんに釣りの帰りに父と寄り。

雑誌で見た事あるライブXリバイアサンが
ズラリと並んでいたのですよ。
あれは衝撃的な出会いでした。
1680円の値札が貼ってあったはず(笑)


今見ても美しいこの色。
当時も感動しましたよね、このディティールに。

しかも新川で釣れたんですよ!(笑)
今じゃ考えられませんけれども。

投げまくって橋脚にぶつけてリップが
折れたのがまぁショックだったこと。

接着剤で付けて、その次の釣行で確か
根掛かりしてサヨナラしました(泣)
で、全然手に入らなくて入らなくて。

あちこち電話したけどお払い箱。

手に入らないルアーで釣りするのは
精神衛生上ダメだな…と10代にして
悟りを開いたのは言うまでありません。

Pocket

TDスーパークランク。

今となってはディープクランクって
かなり疎遠ではありますが。
これだけは今もボートに積んでます。


TDスーパークランク。
確か96年に発売のルアーです。

このルアーとこの色でピンと来る方も
きっと多いと思います。

そう、当時は宮本英彦さんの大ファンで。
93年にJBとWBSの両クラシック制覇の
偉業を成し遂げられてます。
※今や宮本さんはシマノのインストラクターです。ダイワの容赦ないパクり具合見てると分からなくもないですが。


黒金オレンジベリー。

これが釣れると散々つりトップでも
宮本プロが書いてらっしゃって。

私も散々投げ倒した記憶があります。
新川のゆらゆら橋でボチボチですが
魚を釣らせて貰いました。

既に発売されていたTDクランクや、
ハスティーあたりだととにかく
巻き抵抗が凄く重くて重くて。

だからTDスーパークランクを使って
感動したのを良く覚えています。
当時は珍しかった重心移動が搭載され
非常に良く飛びます。

霞ヶ浦の浚渫あたりで出番、無いかな。。
※印旛沼ではもう無理ですw

 

 

Pocket

東レ・スーパーハードスピニング。

ラインでアタリを取る。
とても大事な事を教わりました。


東レスーパーハードスピニング。
バス釣りをするようになってから
最初の10年くらいはずっとこの
ラインが一番強いと思ってました。


黄色いフロロカーボンライン。
これが最大の特徴でした。
でもこれが本当に良く見えて、
ちょっと固いけど結果、釣れました。

スーパーハード(フロロ)は当時3種類、
でも色が付いてるから特別弱いとか
そんな感じがなかったのが印象的です。

正直、世間で今の東レさんのイメージは
「太い」「扱いにくい」が先行してます。
個人的にエクスレッドは買って「…。」でした。バウオスーパーフィネス、スーパーハードストロング、あと安いけどハイスタは良く出来てたと思います。

ただ、ビッグバスフロロは評判良いし。
「固さは正義」くらいの東レらしい
ラインを出して欲しいなぁと個人的には思います。

あとはこの黄色いラインのように
見えるラインを熱望であります。

頑張ってくださいませ、東レさん。

Pocket

メガバス・ポップX。

90年代バサーの憧れの的。
メガバスのポップXだと思います。


とにかく手に入らなかったPOP-X。
と言うかメガバスルアー全般的に
手に入らない時代でしたね。

カラーによってはプレミア価格で
2万~3万円ついたのでは??


私が初めて買ったのが98年。
今も元気なミシマ釣具店さんで、
偶然1個だけ置いてあったんですよね。

そこそこ魚は釣らせて貰いました。
ただ、このポッパー使って思いました。

ポッパーってどうして7gばかりなの?と。

首も振るし凄く器用な子でしたが、
カバーに投げる事が多くなってくると
軽すぎてカバー負けしちゃうので
次第に投げる事が減ってしまいました。

結局今ではEGさんのワンズバグが
主流となってしまいました。
重さがあって打ち込みやすいので。
(※ラウダ―はまだ買ったことないです、スミマセン。)

話は戻りますが、当時手に入らなかった
デッドリーブラックシャッドとか中古で
見ると欲しくなりますが・・・

シーズンがリスタートしそうなので
もう良いかな、となっています。

Pocket