トリムの角材交換。

横文字入れて無理やり書いてみると
何だかちょっとカッコいいですが。

作業としてはスーパー地味です。


このようにエンジンを噛ませてる
トリムに厚みが必要なので木材を
入れてあるのですが見ての通り。
もう腐ってきておりまして。。

で、ボート屋さんに預けた際に
交換したらおいくら?と相談したら
「1万円」と言われてしまったので。。

自分で細々と交換しました。


とりあえず寸法を当たっておいて
横、高さ、幅ぴったりにカットした
木材を噛ませ、あとはボルト止めする
箇所を穴開け加工を現地でしまして。
(※H85×W280×D35)

あとは気合いでエンジンずらして
無理やり角材を押し込み(笑)

そして無理やりボルトを止めました。
ナットはステンで大きめに交換。

これであと何年持つでしょうか。
駄目になったら次回は素直に
教わったまな板加工して噛ませます。

腰痛いわ、指の腹切ったり、
挙げ句ツメ剥がれそうになったり
ボロボロになったのはナイショです。。。

Pocket

OSP・ドライブビーバー3.5 ―2018年頑張った大賞―

毎年年末に書いてる頑張った大賞。
今年はぶっちぎりでコレ。


OSPドライブビーバー3.5。
今年の試合中どれだけお世話になったか。

ちなみにフックはリューギさんの
インフィニ2/0で落ち着いてます。

OSPさんは柔らかい素材なので
フッキングも良いですし。
所謂バサロアクションも凄い。

なのでただ釣るだけならば
軽いシンカーと合わせて使うのが
無難に釣果に繋がるかと。

私個人的にはちょっと重めの
7g前後のテキサスで合わせて
「フォールで動くパドル」のイメージで
使うのが好きでございます。

皆さん好みがありますので参考までに。。

Pocket

ソルツール メッシュポーチ

名作との呼び声も多々聞きます、コレ。


キャスティングさんのオリジナルブランド、
ソルツールといいます。
ココから出ているメッシュポーチ。


ゴチャゴチャしているこういうモノを・・・


こんな具合に収納しておいて、
デッキに転がしておける塩梅。
底も同じくメッシュで出来ているので
雨も気になり難いという。

サイズもS、Mと揃ってます。
買ったのはSサイズです。

かなり気に入ってます。

Pocket