ガーミン魚探をアップデートしたらスリープモードが追加に。

だからどうした、と言われると
グウの音も出ないのですが(笑)

アップデートして変わった点として
すぐに分かったのがコレ。


電源切ろうとすると
こんな画面になります。

要するにパソコンと同じで、
一時的に消灯したいならば
スリープする事も可能になりました。
バッテリーの消耗を減らせる訳です。

但しですよ。

バッテリーが現在はエヴォテックの
リチウムバッテリーEV-12150なので
エコマッププラス95svを2台とも
1日つけっぱなしでも何ら問題がないんです。
(※ライブウェル回して魚探2台つけっぱで試合出てもバッテリー残量は7割以上あります)

・・・つまり私は電源切りたい、
スリープさせる事なんてないんだし
手間が一個増えやがった、と
ちょっとゴキゲン斜めになったのは秘密。。

ちなみにガーミンの魚探は来年、
エコマップUHDという新しいモデルが。
※参考:ハーツマリンさんのブログ

最近出たガーミン版メガサイドイメージの
振動子GT54UHDが付けられるんです。
お値段9インチで振動子込195000円+税。

私の使ってるエコマッププラスは
振動子込みで179000円+税、
そして今なら4万円するヘディングセンサーのオマケ付き。

メガについてはハミンには及ばないけど
それに近いサイドイメージ映像を見れて
その他ダウン、2D、クイックドロー、GPSと
一通りの機能が備わっていて税抜き20万切っていると。。

何とも贅沢な時代になってきました。

最後に余談ですけどエコマップUHDは
メガイメージ画像が見れるようになり
確かに魅力的ですけど・・・

問題は魚探本体の解像度が
800×400ドットなのでそれって
どうなんですか?だったらエコマップウルトラが
10インチで解像度も高くていいんじゃね?
ってちょっと疑問を
言いつつ本当は
UHD端子使えて良いなぁと
羨ましさいっぱいだったりもします(笑)

Pocket

ガーミン魚探エコマッププラス95SVをアップデートする

自分で何でもやりたがりの37歳児。
今年買ったガーミン魚探エコマッププラス95SV。

ソフトウェアのアップデートが
されている情報は耳にしてましたが。
シーズン中にやるのは正直面倒くさいし。
具合悪くなって使えなくなるのも嫌だし。

ずっと放置プレーしていましたが
この度トライしてみました。

【必要なモノ】
・魚探本体
・電源ケーブル
・バッテリー
・マイクロSDカード
・パソコン

それではアップデートの手順を。

①販売店さんからアップデートのデータファイルを貰う

私はハーツマリンさんで買ったので、
ソフトウェアをアップデートしたい旨を
ご連絡してデータをダウンロードできる
リンクを教えて貰いました。

②データをパソコンに一度ダウンロードし解凍する
※マイクロSDカードはパソコンにセットしておく


ダウンロードしたzipファイルを
解凍すると勝手にMSDカードに
新しいバージョンのソフトウェアが
入るようになってます。全自動な感じ。

ダウンロードが終わったらMSDカードをパソコンから外す。

③マイクロSDカードを差さないで魚探を立ち上げる


この時点ではバージョン7.50です。
で、注意点としては更新データを入れた
マイクロSDカードは電源入れた後に差す。


立ち上がってから例の水が入りやすい
スロットル部分へ新しいソフトウェアの
データが入ってるMSDカードを挿入。

④ソフトウェア更新


カードを差し込むと勝手に
この画面になりますので御覧の通り
「ソフトウェアの更新」をタッチ。


こんな画面になって5分くらいでしょうか。
データ更新が終わりますと勝手に再起動して。


バージョン10.10に更新されました。
イマドキな感じですね(※ミーハー)

ところで一体このアップデートで
一体何が出来るようになったのか?
色々書いてありますが面倒くさいので
下記リンク先をご参照ください・・・

https://www.garmin-marine.com/549/

要するに印旛沼でバスが釣れるように
なるアップデートは何一つない、ということです…(笑)

Pocket

ガーミンエコマッププラスのMSDカードスロットル。

今年から使ってるガーミン魚探。
エコマッププラス95SVですが、
こんな情報がありました。

大雨だとマイクロSDカードの
挿入口に水が入ってしまうそうです。
こういう所がちゃっちいんですよね、ガーミン。。

まずは自分の魚探がどうなってるかチェック。


今のところは大丈夫そう。
買った当初から感じてましたが、
蓋開く向きがそもそもアウトですよね(笑)

で、私も素直にテープを用意。


家にあった透明な屋外用の
補修テープとやらを用意。


これで大丈夫、なはず。
ガーミンはこういう所がちょいちょい
目につきますけどね。。

でも総じて良い魚探じゃないかな、と。

初めて買う魚探とか。
私みたいに前後ネットワークして
最低限の機能を揃えたいとか。
そういう方なら良いと思いますけどね。

今買い替えならクアッドサットの
GPS機能付きヘディングセンサーが
オマケでついてくるキャンペーン中みたいですよ。

Pocket

ガーミンエコマッププラスのアンテナ共有が出来ない症状

久しぶりのガーミン魚探ネタです。

というのも7、8年振り?にある方から
ご連絡を頂戴しまして。

ガーミンのエコマッププラス95SVを
2台、私と全く同じ内容で買ったと。
で、その話で色々と話題に出たのが・・・


このアンテナの共有の設定について。
9軸ジャイロヘディングセンサー付きの
GPSアンテナ、とか言い出すと何だか
凄い名前ですが。

このGPSアンテナQZH-9AX
前後2台のエコマッププラスで
アンテナ情報を共有することが可能です。


リアとフロントの魚探それぞれが
アンテナを認識できるのです。

そうするには
①魚探の配線とアンテナの配線をつなぐ
②本体設定でアンテナを認識させる

この二つの手順がまず必要です。
①、②については正規代理店さんで
購入すれば設定してくれると思いますし、
私の場合は自分で設定したかったので
ハーツマリンさんに教えて頂きながら
結線と本体のセッティングに成功しました。

この①、②についてWeb上で
情報をアップするのは
問題になるので書きませんが。
今回はさらにその先の話です。

私の実体験に基づきます。

①、②の設定をしたのですが、
実を言うと半日くらい上手く認識出来ず
泣きそうになっていました。

その原因をココに記しておこうかと。


このセッティングだとアンテナ認識しません。
要するに前と後ろの魚探の電源が
別々だと情報を共有してくれません。


つまり同一電源であるのが
アンテナを共有できる前提条件です。

同じバッテリーから電圧を取ると
何ら問題なくアンテナを認識してくれました。

これはどこにも書いてないと思うので
ちょっとトラブルシューティングとして
書いておこうかな、と。

参考になれば幸いです。

もっと読む

Pocket

ガーミンエコマッププラス95SVの画面分割

今週は釣りナシでしたのでガーミンネタで
乗り切りたいところです(笑)

で、題名の件を。

ガーミンのエコマッププラス95SVは
画面分割はどれだけ出来るか?です。


まず1画面のみ。
たまにサイドイメージを全画面で
見てみたい時くらいでしょうか。


2画面表示です。
フロントは2画面で大体使ってます。


そして3画面。
リアは3分割にして見ています。

3分割まで出来るのがエコマッププラス95SVです。
そして各画面の幅はお好きなサイズに
変更出来るのがステキです。

4画面分割はこの上のエコマップウルトラから可能に。

正直、9インチで3分割してしまうと
かなり小さくて見辛いです。
情報量としてはかなり乏しい。

なのでエコマッププラス95SVクラスなら
1画面か2画面に分割するのがベストでしょう。

ちなみに7インチも出ていますが
悩んでいるなら絶対に9インチにしましょう。

9インチでも「何か・・・小さいよね」と
私もコノ方も感じております。

大きさとしては既に物足りないですが、
かと言って6月発売予定となっている
エコマップウルトラ10インチや12インチの
機能と値段設定はサンデーアングラーの
購入価格帯からかなりズレてしまった感がありますし。

僕ら一般人が買う魚探としましては
エコマッププラスやストライカーあたりが
落としどころで「ちょうどイイ」なのかもしれません。
※ってもエコマッププラス95SVを2台ネットワーク組んで45万くらい掛かりましたけど。。

Pocket