イケないオトナの平日印旛沼

とは言っても魚釣りではございません。


船舶検査中。
サウザー395の中間検査でした。
船舶は中間検査と定期検査があり、
今回は前者。


こんな流れです。画像はJCIより拝借。
3年後に定期検査となります。

しっかしJCIの方は非常に真面目で
対応も親切丁寧でございます。
事務のお姉さんが少々ツンツンしていますが・・・

僕らのボートクラスだとへなちょこでしょうね。
この後は鹿嶋やら大洗やら大きな船の
検査に向かわれました。

検査員のお兄さんに
「パワーポールつける予定ありますか?」
との質問に対し「全くございません」と。

聞けばパワーポール付けると船体の
後方に重量が集中したり、
バッテリーが増えて重たくなるので
喫水など調べたりしなければならず、
パワーポール付けた際は船検時に
色々チェックが入るようです。

場合によっては搭乗者の人数制限や
色々と面倒なようですので皆様、
パワーポール付ける際はご注意をば。

ともあれホントJCIの方は親切なので
色々と相談しておくのがベストです。

この度はお世話になりました。

Pocket

巻き専用ベイトフィネスリール。

やっぱりココを攻めてくるかー、と
ナットクの新製品。


カルコンのBFS.

印旛だと福ちゃんがハァハァしちゃう、
そんなベイトリールでしょうか。
17カルカッタコンクエストBFS

一巻き68センチという設定も
さすがとしか言いようがありませんね。
ギア比は現状はコレのみ。

ボディサイズは100でしょうか?
スプールの径は32mm。

元々のカルコン50は30mm採用でしたが
そこら辺はどういう意図なんですかね。

リールって触っても巻き心地とか
パーミング感くらいしか分からないので。。
(スプールを指で弾いても何も分かりませんし。。)

ともあれ”巻きのベイトフィネス”は
特に冬~早春まで必携となりましたし、
必然的な発売と言えるのでは。

ダイワ派としては31mmスプールの
ピクシー系のベイトフィネスリールを
そろそろ出してほしいです。。

Pocket

釣り人はどのスキンズを選ぶべきか

フィッシングショーでSKINSが展示されてました。
エバーグリーンさんの展示ブース内です。


私達は武装する。
で、既に武装済みのSKINS契約選手の
星野和正プロに質問をぶつけてみました。
表題の通り「どれ買うべきなんでしょう?」と。

最初の一着はどれなんでしょう。

すると「DNAMIC」と言う回答を頂きました。

正直、スキンズって色んな種類があって
チンプンカンプンなんですよね。。
釣り人にはどれが合うのか全く分からない。

星野さんは現役のプロ選手ですから、
即答して貰えると安心して買えます。

そんな訳で今年はスキンズデビュー、
というか「私も武装する」といきたいところです。

Pocket

COLORS。

バサー3月号を購入。


あーおーいそーらが 見えぬなら青い傘ひろーげてー。
宇多田ヒカルを唄ってみました。
分かりますでしょうか。

それはさておきまして。
色のお話です。
これまた考え出すと迷宮入りします。

で、読んでいてナットクだったのが
泉和摩プロの記事。


内容は買ってみて下さい。
HMKL泉プロらしい観点なのですが
写真のこの目玉で更にナットク!

ハンクルルアーって見事にこの
キラキラのシール目が目立ちますよね!
K-0あたり使うと萌えちゃうくらい。
あのロールアクションあってこそですが、
すごくキレイに明滅しますよね。

記事はボディの話なんですけど、
さり気なくこの目玉にもコダワリを
持ってらっしゃるんじゃないかな?と
勝手にニヤニヤしてしまいました。

まぁ印旛沼だとニゴリすぎていて
金色でキラキラしているか、
マット系のどちらかで良い気もしますが(笑)

Pocket

IXAハンドルファスナー

気付いたらブッ飛んでまして。。


なーい。
ファスナー無くなってました。。
先日、キャリルさんで購入。


ハンドルファスナー。
税抜1600円でございます。。。
早速、取付を。


六角レンチが必要です。
コレ見つけるのに30分以上、
探し回ったのはナイショです。。。


完成!
ついでに他のKTFリールも
六角レンチで増し締め。

意外と緩んでいてビックリ。
※3年くらい放置してたのでそりゃそうだw

以後、気を付けます。

Pocket