オフセットフックでネコリグを簡単かつ綺麗にリグる方法。

先日、カバー用ネコリグフックについて
ブログで取り上げてみました。

で、個人的に掛かりが良くて好きなのは
正直に言うとバリバスさんから出てる
ノガレス・ネコリグオフセットや
カバーコンタクトなのですが…


※メーカーさんから画像拝借してます。

そもそもオフセットフックをネコリグで
リグるのは凄く難しい。


バリバスのオフセットネコリグフックが
綺麗にリグれるのは現状、同社ブランドの
フラッシュユニオンさんから出ている
フラッシュストレート。

これはリグる所に最初から穴が開いてます。
なので38歳、思いつきました。

だったら好きなワームに穴開けよう、と。


皮抜き用のポンチがホームセンターで
300円くらいで売ってますのでこれで
試しにやってみました。


原始的ですが、上からギュッと。


これは2.5mmのポンチにて。
思ったより綺麗に抜けました。
ちょっと穴大きいかな。
2.0mmからそれ以下でいいかも。


こんな具合に綺麗にセット完了。
ポンチでなくても金属製のノズル等で
もっと綺麗に穴開けられるものが
あるかと思います。

ノガレスのネコリグオフセットだけでなく
お好きなオフセットフックでもこれなら
綺麗にリグれますのでお試し下さい。

Pocket

流行りの沈む虫、イロイロ。

週末やらかしてブッ壊れたんだな、
と思った読者様もいらっしゃるかもですが(笑)

そうではございません。
今週末は霞ヶ浦なのですよ。


デカバスキラーですよ?!←アホw
それはともかくとしまして。。

こういうのを1個くらい持っていて
今後は損がない気がしまして。

個人的には#1フックに使えるのが
ミソかなぁと。特に手前のシュリンピード。

あれだけメディアでも目にしますし、
とりあえず流行りには1度は手を出す。

でも結局、沼では「無理!」ってなるんですけどね。。

Pocket

ラッキークラフトの”ウォーターメロン”

90年代のワームカラーと言えば
間違いなく”ウォーターメロン”でした。
次いでグリパン、ナチュラルプロブルーあたりでしょうか。

言われるがままに使っていて
確かに良く釣れました。
ミートヘッドあたりは本当に
当時は釣れたなぁと。

で、結構衝撃的な商品だったのが
先日ご紹介したCB-100のカラーに
“ウォーターメロン”が出たんですよ。


これが実物です。
画像の通り、今となってはボロボロ。

中に浸水するまで使い倒しました。
コレが出始めの頃は強烈に釣れました。


これが元のカラーです。
秋になってちょっと水が澄み始めた
印旛新川では凄く御世話になりました。
余談ですがコレと”モロコ”って色が凄く良く釣れました。

明らかに色が違う事で釣れるのを
実感できた数少ないプラグです。

プラグの色なんてチャートリュースや
マットタイガーがあれば良いじゃない、
と当時は思っていたのですが。
※今も正直半分くらいそう思ってたりしますw

プラグの色でこんなに反応が違うんだ、
とワーム含めルアー全般のカラーの
大切さを学ばせてくれたプラグのウォーターメロンです。
今はもう投げませんけど。

Pocket

ラッキークラフト CB-100とCB-50。

良く釣れたクランクベイトはやはり
CBシリーズだと思います。


手前がCB-100。奥がCB-50。
ムーンサルトクランクなんて名前が
言われていたような気がします。

CB-100は1mダイバー。
後にCB-50は50cmダイバーとして出ました。

個人的にはCB-100が好きでした。


向かって右側がCB-100。
左側の穴が開いたのがCB-50。

結局、CB-50ってリップに穴開けて
潜らないように設定されてますが。
イコール水をリップが受けないので
アクションがまるで別物に。
すごーく弱いタイとアクションだったかと。

だからCB-100がやっぱり良かったです。

あと、個人的にCBシリーズが良いのは
独特のガラスラトルだと思います。
あのシャラシャラしたラトル音って
魚がジャレつきたくなる気がします。

なので釣れるけど小さい魚も多く釣れる印象。

ともあれこの頃のラッキークラフトは
加藤誠司さんがやっているので優秀な
ルアーばかりが生まれて今も生き残ってますね。

Pocket

メガバス・ライブXリバイアサン。

メガバスブーム全盛期。
初めて買えたメガバスルアーはコレ。


ライブXリバイアサン。
手前のカラーがまさにそれ。

今でもハッキリ覚えてます。
今はなき中野木交差点近くにあった、
上州屋さんに釣りの帰りに父と寄り。

雑誌で見た事あるライブXリバイアサンが
ズラリと並んでいたのですよ。
あれは衝撃的な出会いでした。
1680円の値札が貼ってあったはず(笑)


今見ても美しいこの色。
当時も感動しましたよね、このディティールに。

しかも新川で釣れたんですよ!(笑)
今じゃ考えられませんけれども。

投げまくって橋脚にぶつけてリップが
折れたのがまぁショックだったこと。

接着剤で付けて、その次の釣行で確か
根掛かりしてサヨナラしました(泣)
で、全然手に入らなくて入らなくて。

あちこち電話したけどお払い箱。

手に入らないルアーで釣りするのは
精神衛生上ダメだな…と10代にして
悟りを開いたのは言うまでありません。

Pocket