ガーミン魚探のスリープモードと振動子の関係。

今さらな話なのですが。。
ガーミン魚探をアップデートして
追加された「スリープモード」は偉いな、と。

先に申し上げますと私の魚探システムはこんな具合。

【フロント】
ガーミンエコマッププラス95SV
振動子:GT22(2D、クリアビュー)
【リア】
ガーミンエコマッププラス95SV
振動子:GT8(2Dのみ)
GT30(サイドビュー、クリアビュー)

※前後魚探をイーサネットケーブルにて接続。


デバイススリープ、と言う機能です。
使いどころがやっと理解出来ました。


GT30と繋がっているリアの魚探。
これがサイドビュー機能が使える
振動子と繋がっているのです。
で、イーサネットケーブルで繋ぎ
前後の魚探が振動子を共有出来てます。

バッテリー勿体無いから…と
リアの魚探の電源を落とすと結果、
フロントではサイドビュー機能が使えない訳です。

これをデバイスをオフではなくて、
「デバイススリープ」にします。
そしてフロントの魚探を見ると…


GT30振動子を認識しています。
スリープ機能、偉い!と。
こうやってスリープ機能使うのね、と。

ちなみにツイッターで見たのですが
(※ごめんなさい、ソース分からないです。調べた方、天才です)
魚探ディスプレイのバックライトの
消費電流って結構激しいんですって。
調べてた方がいました。

記憶が正しければ私と同じ魚探で
ディスプレイの消費電流が
100%の照度だと12Vで0.7Ah、
対して0%(要するにスリープ状態)だと12Vで0.25Ah。

メーカー公称値でエコマッププラス95SVは
消費電力が1時間あたり1.5Ahですから
画面をスリープしてしまえば
ほぼ振動子の電流だけになるので
前後両方の魚探つけっぱなしより
かなりバッテリーへの負担を抑えられます。

ただ、ライブスコープ振動子は
こうはいかないでしょうけど…
(※ライブスコープは公称値1.4~5Ah!?)

ガーミンの偉い所をまた一つ、勉強しました。

 

Pocket

魚探干渉対策にゴムを噛ませてみる。

エレキ買い替えたら2D映像が
干渉してしまうようになりました。
(※勿論、電源はエレキとは別に魚探は取ってます。)

そこでまずはお手軽対策から。


振動子にゴム噛ませてみました。
まずは費用が軽い所から(笑)

結果は…

全然ダメでした…OTL
そんな訳で第2弾を検討中です。。

Pocket

ガーミン魚探エコマッププラスが干渉。

エレキ買い替えしたらですね。
まさかの症状が現れました。


2D映像にバカボンのパパのおでこの
ような線がずーっと入ってます。。

正直、魚探の干渉って無縁でしたが。
まさかエレキ買い替えで直面するとは。

ちなみにテキトー振動子ガードが
犯人かと思って外しましたが症状変わらず。。

次に行くまでに対策を要検討中です。
嗚呼、面倒くさい。。

Pocket

ガーミン魚探の振動子ガードを自作する。

どうも良い物が見つからない振動子ガード。


某所で手に入れた安いガードも
結局、ボルトナットの頭でマウントが
ガリガリ削れてしまいNG。。

シャロ―マンなのでエレキの位置が
高いためにマウントと干渉してしまう。
J-SPECの振動子プロテクターしかないか?
これもマウントと干渉しそうだなぁと
ずっとヤキモキしていました。


で、何となく目についたこんな金具。
これ行けそうかも、と思い付き。


かなり雑な仕組みですが(笑)
2個の金具をタイラップで結び、
それをパーカークランプで固定しただけ。

とりあえず今年はコレで様子見ようと思います。
エレキでお金使い過ぎたので。。

Pocket

悩ましき振動子ガード問題。

ガーミンのGT22振動子を保護する
プロテクター選びに悩む39歳児。


エレキに取り付けるのですが、
マウントがガリガリ削れてしまう。
ガードは元より70mmボルトの頭が
干渉してしまってます。

せっかく買ったエレキなので
ガリガリ君も嫌なので色々と
考え中です…嗚呼、面倒臭い。。

もう少し時間があるのでそれまで
要検討したいと思います。

Pocket