3月中旬 印旛沼

イケないオトナの平日プラの様子から。


寒い。
水温は相変わらず低めの8.2℃。
当日の天気はこんな具合
釣りしてる最中はやはり北寄りの風。

冬っぽい魚を釣りに行くのか。
それとも春の兆しが見える所へ行くのか。

寒いうちに前者の確認をしに。
その前者の魚を探している途中で、
ふと思いついた場所でポンと1発。


1300g~1400gくらいでしょうか。
やはりプリっぽくはない魚体。

水温は11℃弱と低め、
しかしながら春の先駆け的な
ポジションだったのが印象的。

で、この1尾で気になった所を転々と。
ギルバイトのようなアタリですっぽ抜け、
もう一度入れたらまたプルプルしてるが
ラインは手前に走り出す。


あー、ナットクのキロくらい。
1尾目と要素が似ていて、
その後もすぐに近場でバイトが出るも
すっぽ抜けてしまう。明らかに魚が
動き出しているのを実感しました。

日が昇って12℃台まで上昇し、
温まった状態で再度チェック。


近くに大会参加者が居たので控えめに。
1200g前後でしょうか。
かなり魚が動いたコトに気付く。

この日のように上がり口やその先まで
自分がちゃんと動いて合わせられれば
面白い試合が出来そうだな、と思いました。
(フリ回されるのが目に見えてるんですけどね)

前日プラに続きます。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72M(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:ダブルモーション5gリーダーレスダウンショット

偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket

彼岸入り

連休最後はゆっくりお墓参り。


お水撒いてます。
お昼はのんびり田子作ランチ。


何たる高級ランチ。

お子様ランチ+いくら増しという
和食屋さんでそんなオプションが
あって良いのか心配なお食事。

息子はゴキゲンでございました。
あっという間の3連休でございました・・・。

印旛沼はナカナカお客さん入りが良く
連休最後も混んでおりました。

良いことです。

Pocket

悔いなし。

NAB21が開幕。
結果はノーフィッシュ。
今年”も”カメラマンスタートです・・・。

49名中10名程度でしたでしょうか。


仕方ない。
正直、プラの感触は良くて。

1尾が釣れる可能性が高いエリアで
一日釣りをするべきなのか。

ゼロもありうるんだけれども
上手く行けば2尾、3尾とイケる
エリアで一日釣るべきかといった
具合だったんです。

いつも通りの自分ならば前者を
選んでいたのですが今回は後者。

自分のワガママといったらそれまで。
でもやってみたかった。それだけ(笑)

試合後、珍しく午後練。
優勝のビーフリーズ65じゃないと
釣れないぞー!と散々小馬鹿に
されましたが。


ズガーンとイヴォークですけれども?

1300gくらいですけれども。。
バネルアーが大好きな
H野ハカセに一応、報告です。

参加された皆さま、お疲れ様でした。

あー、やっぱり悔しい。

Pocket