400Hz振動子の交換。

先週の釣行時にHE-840の画面で
400Hzだけが映っておらず、
アレ?と思って振動子を見ると。


ズル剥け。
ココが駄目みたいです。交換。
とは言ってもそう簡単ではありません。

息子お昼寝中に作業開始。


こうなります。。
エレキのシャフトへの取り付け、
更にはマウント、そして船体に潜らせ。
魚探の架台も外したり云々。

1時間半以上は掛かりました・・・。

快適フィッシングのためには色々と
時間もお金も掛かるものでありますが、
ココの2点を惜しまずに取り組まないと
釣りの時に集中出来ない、釣れないに
なってしまうとオトナになって覚えました。

とは言うもののお金も時間も掛かり過ぎで
白目むくどころかオマエはもう死んでいる状態。

週末までに元気を取り戻さねばなりません。。

Pocket

THマリン・トリムスイッチ

壊れてしまったトリムスイッチ。
さっさとお取り寄せしました。


こんなの代わりありそうだけど、無い。。
THマリンさんのトリムスイッチ。
聞いたことないメーカーだなと思ったら、
Gフォースハンドル作ってる会社でした。

送料含めると7000円オーバー・・・。
白目向いてますが払うしかない。

線は全部で3本、余裕でしょう!
さっさと同じ色の線を繋げれば楽勝!

と古いスイッチの線・赤、青、緑を
覚えておいて新品を開けると・・・


パーポー
紫の線があります・・・ヲイ。
さすが外国製。
裏面の説明書を見ると。


HOTとは何ぞや。

赤か紫はホット!
緑か緑/白はアップ!
青か青/白はダウン!

線の色ぐらい固定しろよ!
そしてホットって何やねん!
さすがアメリカーン。

そんな事に動じる事もなく
テキトーに線を繋いでみる、
それがA型テキトージャパニーズ。


パーペキ!

スイッチ交換、完了しました。
甲4持ちは伊達じゃない、と
カッコつけたい35歳児でした。

ちゃんちゃん。

Pocket

トリムスイッチ、到着。

便利な時代ですね。

お金振り込んだら翌日には
商品が届いてしまうんですから。


外国製です

送料合わせると7000円オーバーです。
白目向いてばかりの日々です。

コレで気持ち良くシーズンインが
迎えられるはずです、きっと。。

シーズンインの頃にお財布の中が
どうなってるのか心配な今日この頃。

Pocket