7月中旬 印旛沼

さて、懺悔の時間です(苦笑)
イケない大人の平日プラクティス。

もう暑さが無理!ってな具合。


朝5時半でコレですよ(笑)
日曜日のチャプター参加者様、
どうぞ覚悟していらしてくださいませ。


練習あるのみなのでズンドコ進みます。
とりあえずフライト的に生易しい魚は
私にはまず釣れない事を想定しまして。

んが・・・


まぁ的を少しズラせばコレです。。
サマーパターンらしい展開。
じゃあどうしたら釣れるんだ?と悩み。

答えが出たのがコレ。


上流でペッタンペッタンとスイムベイト。
これがもう明らかに魚の反応が違う。
魚自体は決して多くはないのですが。

シェードやちょっとしたモノの脇から
ブッ飛んで出てくる次第。
かと言ってダラダラとシェードを
テキサスとか撃っても絶対にバイト無し。

この辺は目視出来てしまうと
「バスってホント面白い魚だな~」と
呑気に感心してしまいます。

自分のモノになってない釣りなので
ルアー自体のセレクトから色、通し方、
タックルバランスまで色々とやってみて。
1200~1300gクラスは獲れるように。

今回は確実に1尾キロで試合が成立するのは
目に見えていたのでコレで勝負する事に。

ただこういう魚、アテにならないので
自分なりに時間を決めたり色々と
気を付けて行こうと挑んだ次第です。

―本日のタックルー

ロッド:ワイルドサイドWSC66M(レジットデザイン)
リール:17タトゥーラ6.3L
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:スイムベイト
偏光サングラス:アルファ―サイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket

7月上旬 印旛沼

水がないわ、平日だわで全く以て
参考にならないお話。。
お天気もボーボーの風だし。。


雨も降ってたりで朗さんには
「今日出ても意味ないだろ」と
コーヒーご馳走になりながら気付けば
もうこんな時間でした(笑)

水温は朝25.8℃、日中は28℃台に。

とにかく水ないので水があるところを転々と。
ところがどっこいノーバイト。。。
これだけアタリ無いって理解不能。

何が違うのかアレコレ試してるうちに
一発だけ出たのがこの子。


1500は余裕な魚体。
試合で釣れたら超ハッピーオーイェイイェイ(意味不明)

魚を引っ張り出したら
根掛かりしてた?ウキに絡まりドリフの音楽が
流れちゃう位に大騒ぎでした。。。

何となく分かったんじゃない?と
一生懸命やってみるも。。


チャプターなら喜ぶのですが。。。
NBCキーパー以上、NABキーパー未満。
こういうがたまに釣れる程度。
困った、困った・・・。

またアレコレ試してみるとドン。


キロくらい。うーん?

具もズレてるしやってる事もズレてるか?
最後にその確認をしに時間掛けて
あれこれやること2時間ほど無で。


ポロっとキロくらいで終了。
単なる夕方のお駄賃な感が否めず。

全部バラバラ、全部シックリ来ず。

水無いんだからもう少し優しい所で
釣れてくれそうでしたが。
バラバラで良く分からない一日でした。

で、219cmだった水位は2日後の雨で
アッサリ平水位の250cmになりましたとさ。

チャンチャン(泣)

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72MH(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン20lb
ルアー:ラッシュクロー5gテキサス、チェリーリグ
偏光サングラス:アルファ―サイト・シャドーイエロー(メガネの坂本)

Pocket

6月中旬 印旛沼

釣れなくてもココに書く。
いつか自分のためになる備考録として。


参加者50名様。
沢山のご参加、本当に感謝です。

梅雨入り後、まとまった雨が
金曜日から降り出した印旛沼。

水位も10センチ弱増えたものの
その後は落ち着いて当日はほぼ平水位。
当日のお天気はこんな具合


そして驚愕の水温、何と19.2℃(失笑)

2週間前の試合では28℃でしたよ?
先週は30℃になってたとの情報も。
アオコもしっかりと出て残ってるのに
この20℃ないってのはビックリ。

せめて水増えて良くなったかな?
と思いましたけどむしろ悪くなってました。。

この時期にこの水温変化がどう出るのか。
自分でも良く分からなかったのが本音。

なので良い方向に働いてるかも?という
ベクトルの釣りをスタートして行くも「無」。

で、少しずつ魚がヤラレている方向に
釣り方やエリアもシフトして行くも「無」。

頓挫して終了となりました(苦笑)
いやはや、ホントにお手上げでした。。

魚のコンディションや上位コメントを聞いて
やはり基本的に魚はまだヤラレ気味。
水温が10度低下は基本的には悪いファクターでした。

でも上位2名は回復した魚に焦点を当ててる印象。
ローライトも相まってでしょうか”横の釣り”。

前者の魚には水温低下がマイナス、
でも後者はそうでもない。この辺が難しい所ですね。

プラで掴めてればやり切れるでしょうが、
2週間ぶりの私には手も足も出ませんでした。

「練習しないと釣れないぞ!」と何だか
印旛沼にケツひっぱたかれた気がします。

無理ない範囲で釣りしたいと思います。
ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

Pocket