3月中旬 印旛沼

イケないオトナの平日プラの様子から。


寒い。
水温は相変わらず低めの8.2℃。
当日の天気はこんな具合
釣りしてる最中はやはり北寄りの風。

冬っぽい魚を釣りに行くのか。
それとも春の兆しが見える所へ行くのか。

寒いうちに前者の確認をしに。
その前者の魚を探している途中で、
ふと思いついた場所でポンと1発。


1300g~1400gくらいでしょうか。
やはりプリっぽくはない魚体。

水温は11℃弱と低め、
しかしながら春の先駆け的な
ポジションだったのが印象的。

で、この1尾で気になった所を転々と。
ギルバイトのようなアタリですっぽ抜け、
もう一度入れたらまたプルプルしてるが
ラインは手前に走り出す。


あー、ナットクのキロくらい。
1尾目と要素が似ていて、
その後もすぐに近場でバイトが出るも
すっぽ抜けてしまう。明らかに魚が
動き出しているのを実感しました。

日が昇って12℃台まで上昇し、
温まった状態で再度チェック。


近くに大会参加者が居たので控えめに。
1200g前後でしょうか。
かなり魚が動いたコトに気付く。

この日のように上がり口やその先まで
自分がちゃんと動いて合わせられれば
面白い試合が出来そうだな、と思いました。
(フリ回されるのが目に見えてるんですけどね)

前日プラに続きます。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72M(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:ダブルモーション5gリーダーレスダウンショット

偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket

3月上旬 印旛沼

花粉にも慣れるのが目標です。。


船は今のところ調子良し。

当日のお天気はこんな具合。
北寄りの風が冷たい。

ダベってノンビリとスタートするも、
朝の水温は8.9℃とまだまだ。

水が数日前の雨の影響か、
僅かながら良くなっている印象。

良い天気でポカポカしているも
水温の上がりはイマイチ。
やっと10℃に差し掛かった頃でしょうか。

天候、風と明らかに変わって
「釣れるタイミングだ」と誰もが
分かる瞬間にスピナーベイトの
ブレードの振動が「フッ」と消えるバイト。


色々とナットクの1尾。

1200~1300gくらいでしょうか?
2017年の初バスでございます。

この後もキッチリとチェックして回るも
全然釣れません・・・当たり前ですが。

午後3時くらいにヤバい感じになって
止められずハァハァしながら4時まで
延長しましたが、残念ながらバイト無し。

12℃くらいまで上がってたりするのに
釣れないのが安定の印旛沼。

まだまだ厳しい状況です。。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC66M(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:OSPハイピッチャー

偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket