ガーミンQZH-9AXヘディングセンサー付GPSアンテナ

自分で組んでちょっと苦労したのが
ヘディングセンサー付きのGPSアンテナ設置。
苦労した原因はまた別記事にしますが。


ヘディングセンサーとGPSアンテナが
一体となってるありがたい逸品。
ガーミンQZH-9AXヘディングセンサー付GPSアンテナ。
お値段も税抜4万ですからね。
※ローランスのポイント1⇒41800円+ネットワーク組むのにはコネクターやネットワークケーブルが別途必要

NMEA0183で前後共有が可能。
ガーミン買う決め手の一つでもありました。
※GPSの精度についてはそもそも魚探って何でも「???」なので、みちびき云々は省略しておきます。

それはさておきまして。

画像見て違和感覚えてる方もいるかもですが、
ガーミン製品全般に言えるウィークポイント、
その魅力がギッシリ詰まってるのがこの
ヘディングセンサー兼GPSアンテナかと。

アップにしてみましょう。


・・・この細さ。
実際に御覧頂いた方々のお言葉を一部、抜粋しましょう。

「ナニこれ長浜とんこつラーメン?替え玉は?」千葉県在住・DY様
「・・・ソーメンじゃないですか!コレ」千葉県在住・RK様
「揖保乃糸って呼んで良い?」千葉県在住MM様

とまぁ言われたい放題(苦笑)線はどうやらchina製
線径を数字で言うと0.2sqか0.3sq(0.2mmか0.3mm)では。

この細さで12Vや24Vってどうなんでしょう?
火報弄ってる人間としてはかなり心細い
耐久性もかなり不安なのが本音。
そこら辺はこれから長く使ってから結果が出ますのでしばらく様子見

こういう所でのコストダウンが
結果として価格に反映されてるんでしょう。

って色々言ってますがこれで機能的に問題が
なければ正しいコストカットな訳です。

サイドビュー、ダウンビュー、2D、そして
クイックドロー、振動子やアンテナ共有が出来ちゃう。

総じてやっぱりガーミン、偉いです。

Pocket

ガーミン・エコマッププラス95SVのメニューバーを非表示にする

長い題名で申し訳ございません。
9インチサイズのガーミンエコマッププラス95SV。
※余談ですが総代理店のG-FishingさんのHPだと定価上がってますけど・・・?


このサイズでも正直、物足りないのが本音です。
次のモデルは12インチ出してくるんじゃないですかね。勝手な予想ですけど。
2分割、3分割表示すると小さく見えてしまいます。

そこでちょっとだけ画面を広くする方法を。


メニューから設定画面に入り、
「システム」をタップ。


システム内にある「表示」をタップ。


すると「メニューバーの表示」という
欄があるので、そこの表示を上にスワイプ。
すると「自動的に隠す」になります。


メニューバーが消えて画面を広く使えます。
で、メニューバーに用事がある場合は
画面下部分をシュッとスワイプすれば。


またメニューバーが出てきます。
スマホ感覚ですね、ここら辺は。

でも何となく、メニューバーがないと
心もとない気がするのは私だけでしょうか。

こんな事ばっかり湖上でしてるので
全然釣りが出来てません・・・OTL

 

 

Pocket

エコマッププラスのクイックリリース式ベイルマウントの是非。

ガーミンの魚探を買おうかどうしようか
スイッチが入ったのが昨年末。

実はこっそり一人でハーツマリンさんへ
エコマッププラス95SVを見に行きました。

その時やはり気になっていたのが上記の
「クイックリリース式ベイルマウント」
という仕組みです。

何だそりゃ、と思うでしょうから
とりあえず実際にやってみました。


このように魚探がついていますよね。
本体前面部のみを外せるんです。


これ見て「うわ、超ラクじゃん!」と
思ってくれるのはボート持ちの方でしょう。

そうです、イチイチ振動子や電源の
ケーブルコネクターをネジネジする
手間がこの仕組みなら無くなる訳です。

朝の準備でガチャっとはめて、
帰り支度ではガチャっと外す。

何て素晴らしい機能なんだ!と、
思ったのと同時に気になるのが
「コレ、耐久性は?」と思う訳ですよ。

で、ハーツマリンさんで聞いてみました。


やはり毎週ガチャガチャやってると
赤マルの接点が悪くなってしまうとか。
現にそういう方がいらっしゃいました、と。

なので頻繁に釣り行く人は毎回、
コネクターを外して外す方が無難だと。


要するにこの状態で持って帰るべし、と。

凄く良いアイディアだと思ったのですが、
やはりそうは問屋が卸しませんでしたね。

これ見て不安を感じた方もいるでしょう。
その話はまた後日・・・。
そう、前面部だけ外れる超キケンなリスクがあるんですよ・・・

Pocket