ガーミンのサイドイメージ画像を愉しむ①

ガーミンネタから遠ざかってましたが。

皆さん気になっているのは
「クイックドローの具合」と
「サイドイメージの具合」です。

前者は今のところ正直言って???です。
理由はいつの日か述べますが。

そこで後者のサイドイメージの画像が
どんな具合に映るかをご紹介してみようかなと。

今回はとある橋に引っかかるインビジブル。


結構有名な場所ですね。

向かって右側に白く映るのが橋脚。
そして手前に引っかかってる
露骨なインビジブルストラクチャー。

ちなみにエンジンでデッドスローだと
ここまできれいには映りません。
やはりエレキで流すと映ります。

ここら辺はやはりハミンバードの
メガサイドイメージに比べると
全然至らないのが本当の所です。

でもこれだけ映れば言う事ないと
印旛沼では思ったりします。

何よりこういう所で魚がまず
釣れないのが致命的です、沼は・・・(泣)

 

Pocket

9月下旬 印旛沼

午後からちょいと用事ありましたが
午前中だけ浮いてきました。


先週とは基本的には変わりない。
風が予報だと南寄りだと言ってましたが。


秋の空はどうして空高く、
雲がきれいなのでしょう…
とかそれっぽい事言ってみただけです。


今回は結局コレずっと見てました。
エンジンではなくてあえて
エレキ踏みながら見る映像は
魚が多いなとか色々細かく見れます。
※画像はボラですけどw

この辺がガーミンの振動子共有で
良いよなぁ・・・としみじみ。
更にはクイックドローもかけたり。

魚探見ていたらあっという間に
時間が過ぎてしまい結局、
アタリもないまま半日終了。

バッテリーも容量に余裕があるので
魚探も気兼ねなくつけっぱなし、
エレキずっと踏みっぱなしでもOK。

さりげなく贅沢させて貰いましたが
魚釣れないと悲しいっスね。。

まだオフじゃないんですけど、
エレキでひたすらダダ流しで
しばらく魚探掛けが楽しめそうです。

Pocket

ボート用・エレキ用リチウムバッテリーの端子を改善②

昨日はターミナルを用いることで
ボート用リチウムバッテリーの
端子の接続が容易になる旨を
お話させて頂きました。

今回はもう1つの方法を。


こちらを用います。チェンジノブとか、
ノブスターなんて名前で売ってます。
200円くらいです。


元々バッテリーについてるボルトを
ノブスターにつけてあげます。


で、あとはこんな具合です。

上から何か乗ってショートする
心配もなくなるのが好印象。
手軽に端子を締められますよね。
※ちなみにSE-12750を購入したミシマさんではこのノブスターが標準装備というとてもユーザーには優しい対応です

昨日のターミナルとどっちが
良いのか?は今はお試し中です。

ただノブスターだと端子との接地面が
片側はプラスチックなので通電性は「???」です。

昨日も書きましたが色んな端子をまとめて
繋いだりするとセルモーターが回らない!
なんて症状があったりしますよね。
プラスチックのこういうノブって。
アレが起きそうな気がしてなりません。
※だからエレキ専用のSE-12750はノブスターで今は様子見てます

あとは締め付け不良が起きないか。
やはりプラスチックなので締めた時
ちょっと心もとない感が否めません。

・・・でもその改善方法を思いついたので、
また明日にでもご紹介いたします。

 

Pocket

ボート用・エレキ用リチウムバッテリーの端子を改善①

さりげなく困るのが端子です。


オスのボルトを締め込む仕組み。
プラスドライバーで締め込んだり、
外したり毎回するのは億劫なのが本音。

そこでこの端子部分を自分なりに
改善していくつかお試ししてます。
まずはその①。


こんなターミナルが売ってます。
ホームセンター等でも買えますが、
偶然キャスティング南柏店さんにて
見かけてガットしてしまいました。


こんな具合です。
端子部分に噛ませる仕組み。
ボイジャー方式同様ナットで
締め込めるようになりました。

この仕組みはしっかり締め込めるし
個人的には安心感があります。
何か上に乗せてショートする
不安はありますけど。。

充電もこのままで問題ないです。

私はセルモーターやトリム、魚探等
アクセサリー用のバッテリーは
これで様子を見ております。
後述しますがノブスター系のプラスチックでやれアクセサリー関係の色んな端子噛ませると、セルが回らないとかあるんですよね・・・

その②はエレキ用で、また明日。。

 

 

Pocket

ガーミンエコマッププラスのアンテナ共有が出来ない症状

久しぶりのガーミン魚探ネタです。

というのも7、8年振り?にある方から
ご連絡を頂戴しまして。

ガーミンのエコマッププラス95SVを
2台、私と全く同じ内容で買ったと。
で、その話で色々と話題に出たのが・・・


このアンテナの共有の設定について。
9軸ジャイロヘディングセンサー付きの
GPSアンテナ、とか言い出すと何だか
凄い名前ですが。

このGPSアンテナQZH-9AX
前後2台のエコマッププラスで
アンテナ情報を共有することが可能です。


リアとフロントの魚探それぞれが
アンテナを認識できるのです。

そうするには
①魚探の配線とアンテナの配線をつなぐ
②本体設定でアンテナを認識させる

この二つの手順がまず必要です。
①、②については正規代理店さんで
購入すれば設定してくれると思いますし、
私の場合は自分で設定したかったので
ハーツマリンさんに教えて頂きながら
結線と本体のセッティングに成功しました。

この①、②についてWeb上で
情報をアップするのは
問題になるので書きませんが。
今回はさらにその先の話です。

私の実体験に基づきます。

①、②の設定をしたのですが、
実を言うと半日くらい上手く認識出来ず
泣きそうになっていました。

その原因をココに記しておこうかと。


このセッティングだとアンテナ認識しません。
要するに前と後ろの魚探の電源が
別々だと情報を共有してくれません。


つまり同一電源であるのが
アンテナを共有できる前提条件です。

同じバッテリーから電圧を取ると
何ら問題なくアンテナを認識してくれました。

これはどこにも書いてないと思うので
ちょっとトラブルシューティングとして
書いておこうかな、と。

参考になれば幸いです。

もっと読む

Pocket