ガーミン魚探の水温表示の問題点。

小数点第2位まで水温表示されるガーミンの魚探。
これが実はかなり大問題があります(笑)

正確にはマイボートユーザーの方には
イロイロ困った事象がございます。
それでは実際の映像をご覧いただきましょう。

ボートをプレーンさせて、ポイントに着きました。


エレキを下してフロントの魚探を見ると
水温計は13.65℃と出ています。

そして振り返ってコンソール側、
リアの魚探を見てみましょう。


リアの魚探は15.90℃と出ています。
その差2℃以上です。

これはフロント側の魚探用振動子が
エレキのヘッドに取り付けられてるが故
走行中に冷たい外気に触れていたため
低く水温が最初は表示される訳です。

リアの魚探用振動子はトランサムのため
常に水の中なのである程度正確な
水温が表示されている次第です。
※水温はスタート時に同じ水温になるよう補正してあります

これはどの会社でもあるあるですよね。
問題はここからです。

さて、フロントの魚探がリアの魚探と
同じ水温になるまでどれくらいの
時間が果たして掛かるのでしょうか?

これがですね。。


何と10分ちょい掛かってます(苦笑)
は?と思った読者様は正常です。

これ、要するに小数点第2位までが
表示されてしまう事のデメリットです。

見ていれば分かるのですが、
フロントの魚探の水温が画像1枚目の
通り13.65℃からスタートして、

13.66℃・・・

13.67℃・・・・

13.68℃・・・・・

13.69℃・・・・・・

と言った具合に0.01℃ずつ、
非常にのんびりと上がって行くのです(笑)
そりゃ10分掛かりますよね。
※ホンデックスだとグイグイと上がります。

これ、フロントにしか振動子を
付けてないマイボートユーザーは
プレーニングして移動した先々で
「うわ、今日水温低い!」
と、春ならば凹み夏ならば喜ぶと
いった無駄な気分の上げ下げが起きるかと思われます(笑)

なのでこの水温表示に関しては
ガーミンはちょっと何とかして頂きたいですね。

エレキのみのスタイルであれば
何ら問題はないと思いますが。

・・・参考までに。

Pocket

ガーミン魚探の水温計は小数点第2位まで表示される

ぎっくり腰で書きたいネタも忘れてました。
ガーミンネタを書きます。


そうです、ガーミンの面白いところ。
水温計が小数点第2位まで出ます。
これが色々面白いです(笑)

例えばちょっとしたクリーク。
そういう所に入ると小数点第2位が
ちょっとずつ変化していくんですよ。

春先なら奥に入る程上がっていきます。
なので何となく釣れそうな気に
なってしまう数字のマジック。

・・・ですがコレ、結果的には正直
かなりの問題点でもありまして。

詳細はまた明日。。

 

 

Pocket

ガーミンエコマッププラス95SVの画面分割

今週は釣りナシでしたのでガーミンネタで
乗り切りたいところです(笑)

で、題名の件を。

ガーミンのエコマッププラス95SVは
画面分割はどれだけ出来るか?です。


まず1画面のみ。
たまにサイドイメージを全画面で
見てみたい時くらいでしょうか。


2画面表示です。
フロントは2画面で大体使ってます。


そして3画面。
リアは3分割にして見ています。

3分割まで出来るのがエコマッププラス95SVです。
そして各画面の幅はお好きなサイズに
変更出来るのがステキです。

4画面分割はこの上のエコマップウルトラから可能に。

正直、9インチで3分割してしまうと
かなり小さくて見辛いです。
情報量としてはかなり乏しい。

なのでエコマッププラス95SVクラスなら
1画面か2画面に分割するのがベストでしょう。

ちなみに7インチも出ていますが
悩んでいるなら絶対に9インチにしましょう。

9インチでも「何か・・・小さいよね」と
私もコノ方も感じております。

大きさとしては既に物足りないですが、
かと言って6月発売予定となっている
エコマップウルトラ10インチや12インチの
機能と値段設定はサンデーアングラーの
購入価格帯からかなりズレてしまった感がありますし。

僕ら一般人が買う魚探としましては
エコマッププラスやストライカーあたりが
落としどころで「ちょうどイイ」なのかもしれません。
※ってもエコマッププラス95SVを2台ネットワーク組んで45万くらい掛かりましたけど。。

Pocket

ガーミン・エコマッププラス95SVのダウンビュー。

ローランスならばダウンスキャン。
ホンデックスならワイドスキャン(あってます?)

で、ガーミンならば「ダウンビュー」です。
実際にどう映るか見て見ましょう。


例えばこんな護岸エリア。
雨降るとツルツル滑ってヤバい奴。

これをダウンビューで見ると。


こんな風にちゃんと模様が映る訳です。
これはあくまで目視出来る場所で
確認した次第でありますが。

例えば2Dの映像を見ていて
2次反射が出た時にこれを掛けて
真上からダウンビューで見ると
何となく”何か”が分かる訳です。

活きそうなのはリザーバーとかの
沈んだ立木なのか魚の群れなのか
確認するには良いかもしれませんね。

印旛沼では・・・あんまり用事ないですね(白目)

Pocket

ガーミンエコマッププラスの2D魚探映像の設定は維持出来ない。

題名に全て書いてありますが。

概ね満足してるエコマッププラスですが
ガーミン買って一番「えーっ」と思った
残念な部分を記しておきます。

まず魚探を立ち上げまして、
「通常魚探メニュー」に入ります。


で、向かって左側の1段目と2段目。
「感度」と「レンジ」という欄がありますね。

どちらも「自動」という初期設定です。

で、ココを自分のフィールドに合った
セッティングにすれば良い訳です。
この辺はホンデックスと変わりませんね。


こんな風に自分の好きな感度や
レンジを設定してあげます。


こんな風に「感度」が32%、
そして「レンジ」は5mにしました。
この辺もホンデックスと変わらないですね。

問題はココからです。
ココで1度電源を落とします。


バッテリー勿体無いし・・・とか。
釣りが終わって電源落とした、とか。
そんな事を想定してみて下さい。

そしてまた電源ONにします。
で、最初の2D魚探の設定を見ますと。


「感度」「レンジ」共に設定が
“自動”になって元に戻ってます・・・。

ホンデックスの時には維持されましたね。

えー、じゃあ毎回朝釣り始める時に
イチイチ面倒臭いコトやらなアカン?
と白目むきつつハーツマリンさんへ
対策がないのか聞いてみたのですが。

「残念ながら設定を維持する機能はありません」

とご回答いただきました・・・OTL

毎朝魚探設定しなきゃならんのは
正直、かなり面倒くさいですよね。
ワタクシ的にはちょっとアリエナイザーな部分。

まぁ印旛沼なんて魚探はあっても
なくても全く釣果に影響ない場所なので
「・・・まぁ良いか」で済みますが(笑)

魚探の映像や設定を気にするリザーバー、
こっちで言えば亀山湖や高滝湖、
浚渫をしっかり見たい霞ヶ浦、
更に利根川で2D魚探映像でハードボトムや
ベイトを見て釣りをされる方は
購入の際、この弱点は見逃せないかと。

私は普段、移動時はフロントの魚探を
電源落としたり、釣りの最中はリアを
電源落としたりするのでこの弱点は
けっこうショックな部分でした。

ちなみにこの設定が自動に戻る症状、
ストライカーも同様とDY先輩に確認済。
GPSMAPはどうなんでしょう、今度聞いてみましょう。

そんな訳で2Dの映像にもし拘る方は
私なら別でHE-840やHE-5700などの
別で置いた方が良い気がします。

ガーミンさんには改善して貰いたいですね。
アップデート出来る機種なので今後に
期待を込めて今回は記事にさせて頂きます。

 

Pocket