3月下旬 印旛沼

そんな訳でひょんな事から若い人と。
当日のお天気はこんな具合です。


春から高校生ですって。
タイガー君を乗せて印旛沼です。
バス釣り歴は1年半ほどで
45センチが最大だとのお話。

チャプターもいつかは、との話で。
普段は新川の下流や花見川など
楽しんでいる様子。

なのでオジサンが印旛沼の釣れない現実を
見せてあげようかなと思いまして。


朝の時点でコレ。
水温は10度ちょいと相変わらず。
ナカナカ上がりませんね・・・。
というか前日の北風が効いてる印象。

合格祝いで買ったというフォースグランディスで
Dゾーン投げるのが彼に良い魚を釣って貰える
可能性が一番高いかな、と個人的見解。

本湖系の釣りでスタートしましたが、無。
まぁ北風でヤラレ気味ですから仕方なし。
朝も氷点下でボートカバー凍ってましたからね。。

で、素直に北風にヤラレないエリアに変えて
すぐに私のスピナーベイトにピックアップバイト!
ってもうルアーが水から出てからです(苦笑)

その数投後にタイガー君にビッグバイト!!!
これもすぐにバレる・・・OTL
たぶんデカかったです。

そんなこんなでフィーバーか!?と期待も
この後全く続かないのが安定の印旛沼。

もっと素直に撃ち始めてすぐにバイト。
これも甘噛みでワームボロボロになって乗らず。
だんだん魚の状態が見えてきてココだろうな、
という水の色、ガマの形状の場所で弱いバイト。


キロくらい。
水温も12℃まで上がってきたたのですが。
ホント少し重くなるだけです。

こういう場所だよなぁと場所を変えて再びバイト。


これも同じくらい。
まだカバー撃つタックルをどれにするか
セッティングを出している最中ですが、
個人的にはワイルドサイドWSC72Mが
好みの味付けの予感。

残念ながらタイガー君には釣って貰えず。
夕方には13℃以上にもなったのですが。

5gテキサスリグのピッチングをまずは
練習して来てもらいますかね。。

35歳のオジサンは応援しています。
お疲れ様でした!

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72M(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン16lb
ルアー:5gテキサスリグ+ダブルモーション3.6
偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket

3月中旬 印旛沼&NAB21第1戦&午後練

イケない大人の平日プラの翌日、
つまりは土曜日です。


うげげげ。
朝の水温。高い・・・。
こうなると危ないのはいつものトコロ。

ちゃんとチェックしにいくも反応悪し。
1つだけバイトがあるも掛けずにガマン。

他のエリアを見ながらプラ終了。
あんまり釣りはしませんでした。

そして本戦。


2017年も開幕!
やはり金曜日の危ないプランで行こう、
そう決めてスタートしました。

朝の時点で水温が12℃ほど。
ヤバい匂いがプンプンする。
金曜日の釣りにコダワリすぎないよう、
浅い所や確信のスポットを撃つも
まったくノーバイト。

11時前でしょうか。
プラで気になっていた沖目の
ストラクチャーで待望のバイト!!!
・・・も、一瞬だけ乗ってすっぽ抜けOTL

あとは風に翻弄されて終了。。。

優勝のエリアを聞いて衝撃を受ける。
ビーフリーズ65にも白目向きましたが。
そこに居るの!?とあんぐり。。
自分の練習の詰めの甘さを実感。

悔しくて午後練で確認しに行く。


どーん。

一流し目でアッサリと1300gくらい。
ルアーはイヴォーク1.2。
爆風吹き抜ける中、釣れるのね・・・と
非常に勉強になった1尾でありました。

まだまだ知らない事だらけですね、印旛沼。
練習あるのみです。ハイ。頑張ります。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC66ML(レジットデザイン)
リール:KTFアルファスネオ
ライン:フロロカーボン12lb
ルアー:イヴォーク1.2
偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket

3月中旬 印旛沼

イケないオトナの平日プラの様子から。


寒い。
水温は相変わらず低めの8.2℃。
当日の天気はこんな具合
釣りしてる最中はやはり北寄りの風。

冬っぽい魚を釣りに行くのか。
それとも春の兆しが見える所へ行くのか。

寒いうちに前者の確認をしに。
その前者の魚を探している途中で、
ふと思いついた場所でポンと1発。


1300g~1400gくらいでしょうか。
やはりプリっぽくはない魚体。

水温は11℃弱と低め、
しかしながら春の先駆け的な
ポジションだったのが印象的。

で、この1尾で気になった所を転々と。
ギルバイトのようなアタリですっぽ抜け、
もう一度入れたらまたプルプルしてるが
ラインは手前に走り出す。


あー、ナットクのキロくらい。
1尾目と要素が似ていて、
その後もすぐに近場でバイトが出るも
すっぽ抜けてしまう。明らかに魚が
動き出しているのを実感しました。

日が昇って12℃台まで上昇し、
温まった状態で再度チェック。


近くに大会参加者が居たので控えめに。
1200g前後でしょうか。
かなり魚が動いたコトに気付く。

この日のように上がり口やその先まで
自分がちゃんと動いて合わせられれば
面白い試合が出来そうだな、と思いました。
(フリ回されるのが目に見えてるんですけどね)

前日プラに続きます。

―本日のタックル―

ロッド:ワイルドサイドWSC72M(レジットデザイン)
リール:TD-Z105HL+SVスプール
ライン:フロロカーボン14lb
ルアー:ダブルモーション5gリーダーレスダウンショット

偏光サングラス:アルファーサイト・シューティングレッド(メガネの坂本)

Pocket