うな次郎で鰻のひつまぶし風にしてみた

麗しの奥様方に送るネタです。※多分3人くらいしか読んでない
良いんです、それがウチのブログ。

ラジオ聞いてたりすると良くCMが流れる
「中身はすり身、ほとんど鰻!」なんて
宣伝しているアレです。


値引きの札見て「カスミだ!」と思った
麗しの若奥様、いつでも大丈夫ですよ(何がだ)

余談ですが私が良く行くカスミのAセキさんというお姉さんが凄くステキで。(※やはりハリーが大好きなメガネのお姉さん)優しいお姉さんだから商品をカゴに入れるとちゃんと笑顔で「ありがとうございます」って通りすがりににこやかに言ってくれるのが接客業としても素晴らしいなぁと勝手に感心して勝手に素敵だなぁと思っております。そういう心遣いできる方っていないですよ。

・・・それはさておき。

一正蒲鉾株式会社さんが作ったすり身の鰻風、
その名も”うな次郎”という商品。

https://www.ichimasa.co.jp/products/unajiro/

どれくらい近いものなのか試してみよう、と。


取り出すとこんな感じです。
裏側はちゃんと皮っぽくなってます。
厚みもウナギに近い厚さに。

そのまま食べても良いのですが
誤魔化せるようにひつまぶし風に。
一枚は乗せて、残りは鰻まぜご飯。


ひつまぶしのレシピはコチラ参照。
だし昆布がないのよ・・・なんて時は塩こんぶでもどうにかなりますよ、奥さん。その時は醤油の量など少な目で。

くだらないネタ書いてると大多数の
釣り好き男性読者様は「良いから味は?」
と確実にクレームが来そうですが。

面白い食べ物だな、と思えれば
私はアリなんじゃないかな?と。
鰻のような脂のノリはありませんし。
香りや食感はやはりすり身独特のモノがあります。

味自体はとても美味しいです。
山椒かけると「あ、旨い!」って思いました。
(※要するに香りや風味がすり身なんでそれが消せると美味)

黙って嫁さんに出したのですが、
「ナニコレ?味は鰻っぽいけど何か違うよね?」
とバレバレでございました。

子供は喜んで食べてました。美味しいって。

そんな訳でうなる美味しさうな次郎。
面白いので週末の土用の丑の日に
試しに食べてみても良いかと。

もっと読む

Pocket