ルアーの購買意欲と価値感。

とある釣り具屋さんにてガット。


サイコーです。
愛するステルスペッパー90S、
しかもアワビカラーですよ?!

投げられてるのは知ってましたが、
まさかアワビカラーがあるとは。。
この色は1個しか持ってないので。

それはさておきまして。

釣れるルアーだから売れるとは
限らないってのが難しいご時世です。

ルアーには色々な物があります。

大きいルアーだったり、小さいルアー。
バタバタ激しく動くルアー。
全然動かないルアー。

そもそもルアーに関して言えば
釣れないルアーってのは存在せず。
「釣れる=売れる」って考えは
もう古い時代になってるのでしょう。

むしろルアーはいかに魅せるか?

プロモーション力がモノを言う。
そんな気がしています。
動画が当たり前の時代ですし。

ジョイクロやヒラクランクとか・・・
1個5000円もして、
でも売れ続けてる訳でして。

理由は釣れるのは当たり前で、
それ以上に魅力あるプライスレスな
部分を持ち合わせてるからでしょう。

ステルスだって「私ですら釣れる!」
と思ってるくらいなのに残念ながら
こんな値札を貼られてしまう訳で。

巻いても抵抗ないし地味なルアー、
だけどこれだけ唯一無二な釣れる
プラグも”魅せ方”ひとつでこうなる。
(※ホント騙されたと思ってヒシモの生え始めくらいに水面直下で引くと痺れるようなモンドリアンバイトが出ますよ)

残念ながら他社さんからも類似品が
既に出てるので厳しいでしょうが・・・

プロモーションや伝え方が大事なんだと
しみじみ感じさせてくれるルアーです。

もっと読む

Pocket